稽古場より徒然なるままに

ゴローン!!


わーい!敷きたてのパンチだぁ!!

| ツキノニジ・現場より | comments(0)
やぐら…??

巨大パネルに白いものを貼る人々。

| ツキノニジ・現場より | comments(0)
お昼!

休憩中ー

| ツキノニジ・現場より | comments(0)
仕込み日ですよー!

でも、劇場あくまでひとりで車待機中の吉田。

| ツキノニジ・現場より | comments(0)
初日!

つみこみおわりましたー

| ツキノニジ・現場より | comments(0)
積み込み!

中!

| ツキノニジ・現場より | comments(0)
さーて

積み込みが始まったよ!

| ツキノニジ・現場より | comments(0)
11月8日(日)七海版
ラスト練習デー!
記念すべきツキニジ最後の練習日記は、じゃんけんでその座を勝ち取った七海がお送りさせていただきます。
え?!内山じゃなかったの?!と思われた皆さん、実は真のじゃんけん勝者はわたくしでした!
内山「練習日記アップしたよー」
吉田「あれ?七海じゃなかったっけ?」
内山「…え?私勝ったんじゃなかったっけ…」
吉田「一番最初に負けてたヨ…」
…といったわけで、内山の練習日記と重複する部分もありますが、せっかく書いたので、アップさせていただきます!
ラストデーの予定は、午前中に通しを一回→照明の佐藤さんがいらして打ち合わせと通しを一回→佐藤さんのリクエスト場面を返す→メイクテスト→仕込みの打ち合わせ、と盛りだくさん!
これから本番まで、どわぁ〜っと嵐のように過ぎて行くんだろうなぁ。


【佐藤さんがいらしたぞぉー!】

本日は照明の佐藤さんがいらっしゃって、まずは舞台図を囲みながら、吉田と宮島さんと打ち合わせ。
(佐藤さんと宮島さんが照明の話をし始めると、話の内容が専門的で分からなくて、吉田は「むー話に入れん!」ともだーっとなるそうです)
物語の流れを説明した後、通しを見てプランを立てて下さいます。
通しが一回終わった後、演出が尋ねます。
「も、もう一回通し…ますか?!」
「ぁー…」
ドキドキ。
「大丈夫です。殺陣だけどうなってるか見せてください」
「も、勿論ですッ!!」
一度見ただけでもう頭にパパパパパっとプランが浮かぶんだろうか…!
吉田の脚本はいつも何らかの自然現象がキーワードとなっている事が多く、今回もきっと佐藤さんの照明によって、それが舞台に…と思うとドキドキであります!
そんな佐藤さんですが、真剣に舞台のお話を聞いて下さる一方、とてもお茶目な面もお持ちです。
佐藤さんがいらっしゃる日は、音響の宮島さんと共に、ささやかながらお昼の軽食を出させていただいています。
本日のメニューは、うまーいおにぎり屋さんのおむすび4つと、唐揚げ、豆と昆布を煮たようなお惣菜!
通しが終わったあとに召し上がっていたのですが、佐藤さんの隣に陣を構える内山がとある異変に気付きました。
「ぇーと?私のところにお惣菜が置いてあるんですが…。佐藤さん苦手だったんですか?」
「まぁ…ちょっと…」
「豆が?」
「全体的になんか…」
いや、もう苦手なものを残していただくのは一向に構わないんですが、内山のところにさりげなく置いておくというのがツボでした!


【誰かたぁーすけてぇー】

本日は各々がメイク用具を持ち込んでメイクテスト。
ぅーん、変だ。
後から始めた人達が次々といい感じに仕上がっていく…。
吉田に至っては「ドウラン塗るの飽きたー」とか言ってたくせに、結構な短時間で出来上がっておるじゃないか!
それに比べて私はどうだ。
キャラクターのイメージカラーの活かしどころがうまくいかなくて、ルフィみたいな目の下の傷っぽいやつ描いて遊んどる…。
額にチャクラとか言って点描いて、片寄さんに「インドっぽい」とか言われとる…。
そんな馬鹿な行動に危機感を感じたのか、内山とめぐりんが集まってきて色の入れ方を教えてくれました。
ありがとう女子達!!!
ところで大抵の役者は自分で塗り塗りして周りの人に「顔色どうー?」とか「色こんなもんかなぁ」などとチェックをして貰って、「もうちょい濃い方が…」とか何らかのダメ出しを貰うのですが、ひとり神のような男がおりました。
「ドウラン塗ってみたよー」
「…いいんじゃない?」
一発オッケー、ウッチーさん。
恐ろしいほどにドウランの色が馴染じむ男…!!
残念ながら川村ネェさんは皆でわいわいするメイクテストに参加出来なかったのですが、先に行った通しの前にメイクを仕上げており、キラキラしながら通しを行っておりました。
川村ネェさんは今回、ちょっと艶っぽいキャラクター。
メイクも大人っぽくて素敵なのです!
片寄さんは自分で目張りを入れられる男なんだ!
あやあやはピンクを基調としたふんわり仕上げ。
めぐりんはスクールで習ったというメイクテクですっごく綺麗にメイクを乗せるんだ!
ウッチーさんは塗ってるのにとってもナチュラル。
吉田は切れ長の瞳によく映えるシュッとしたラインが特徴的です。
ええなぁ、わし、たぬき目だから濃い色を入れるとボテッとするんよ…。
そして、当日宮島さんと共に音響を担う内山のメイクポイントはズバリ、「ウォータープルーフのマスカラ」だそうです。


【今日の小話】

忙しい合間を塗って稽古に参加して下さる音響の宮島さん。
役者がメイクテストをしている空き時間に、稽古場の隅っこでひとときの眠りにつきます。
すやすや…すやすや…すやすや…ハッ!!
目を覚ました時、何故か目をくりっと見開いてびっくり顔をしていた宮島さん。
一瞬自分がどこに居るのか、分からなくなっちゃったそうです。
あるある!稽古場睡眠の罠…!

今日の片寄さんの私服は内山曰く「電気工事の人みたいな格好」。
確かに色合いが作業着だわ。
不思議なもので、そう言われたらそうとしか見えなくなってきます。
更に…メイクテストの時に白いタオルを頭にきゅっと巻いた姿を見て、内山が絶叫しました。
「ていうか、なんで敢えてそっち(電気工事の人)に寄せていくんだ?!」
全くだ。似合ってたけど!

今日の吉田はハラヘリ。
通しの前にお腹がきゅるーんと鳴っていました。
今回、演出も舞台作りも役者も全部担う吉田は、打ち合わせやセッティングなどでなかなかごはんを口にする事が出来ないのです。
佐藤さんもいらっしゃり、さぁ、準備が整って通しをするヨーという時に吉田が取り出したのは…
「なっ?!フランクフルト?!」
衣装を着て、手には通しのタイムを計るストップウォッチ、格好だけ見たらもう今すぐにでも始められる…という状態で、フランクフルトを「あむー」!
そしてそれを見つめるスタンバイ中の役者達。
なんだコレ。
「あのねー、これスモークフランクなんよー」
う、うん、そうか。
スモークフランクなるものをもぐーっと食べた吉田が次に取り出したものに、我々は更に驚愕した。
「グハァ!アメリカンドック出てきたァ!!」
どっちもうまいよね、うん。

今回の衣装はちょこっと特殊。
めぐりんの肘が衣装の一部から丸見えになっちゃうんだなよぁ、動き方かなぁ?それともそもそもの仕様のせいなのかなぁ?などと頭を付き合わせて考えていたら、
「これはねぇ、多分着方だと思うんだ。私も色々試してみたんだけど…こうしてこうすれば…」
颯爽と現れて一瞬にして謎を解いていったあやあや…!
君のことを我々はこれから「衣装探偵あや」と呼ぶよ。

吉田は速い。
何が速いって動きが速い。
通しになってキャラクターが乗ってトップスピードで動くと、一歩一歩がでっかくなって凄く踏み込んでくるから、要スペース、である。
しかしスペースがない場所はどうすればいいのか…これはもう吉田自身が早い段階でブレーキをかけるしかないのだが…。
「いや、でも稽古場では平面だけど、実際の舞台は段がつくから上る時にスピードが落ちるんじゃないか?」
いや、違うのです。
吉田の加速を長いこと見ている私が断言致しましょう。
段がついたほうが、吉田は早くなる…とね。
「びっよーーーーーーんんん!」
段を駆け上がる為に更にスピードに乗る吉田を見て、皆が納得してくれました…えぇ。


【さて!】

いつになく大人数でやいのやいのと作り上げてきたツキニジ物語ですが、残すはゲネと本番のみとなりました。
なんか…物語自体がみんなで一緒にわいわいと行動するようなお話だったので、それがもう終わっちゃうのかと思ったら、急に淋しくなってきちゃいましたよ。

役者が久々という片寄さん、多分今回演出に一番怒られた役者さんじゃないでしょうか!
周りと会話する事に苦戦して、ご本人もしんどそうでした。
でもここ最近は舞台の上でもキャラクターとしてよく笑顔を見せるし、楽しそうだなぁって思うのは私だけでしょうか…??にまり。

ウッチーさんは演出から「ここは君が頼りだ!」という台詞や音合わせをガッツリ任されています。
時折謎の中国人になることもあるけれど、途中からの稽古参加であれだけの内容の台詞を入れるのは本当に大変だったと思います!
気がついたらあっという間に台本も離してたし、ほんと凄いな!と思ってましたよ…!

川村ネェさんは稽古時間が短い中での参加でしたが、毎回、稽古に出てくる度に、キャラクターをグレードアップさせてくるのにビックリしていました。
段々色がのってくる…みたいな感じでどんどん艶やかになっていく!
話を取りまとめてくれる綺麗なお姉さん…みんな大好きです!

めぐりんはキャラの濃い〜ぃ歳上メンバーに囲まれて、キャラの濃い〜ぃ動きなんかを付けられて(主に内山に!)なかなか大変だったんじゃないかなぁと思います。
でも、それをちゃんと飲み込んでくれたお陰で、愛らしさが滲み出るキャラクターになりました!

あやあやはキャラクターをとってもとっても大切に育ててました。
キャラクターの気持ちの流れを物凄く深く考えて、入り込んで…。
いつの間にか衣装や小道具なんかもキャラクター仕様にカスタマイズされてて、凄いな!とひたすら感心。
キャラクターも、こんなに愛されてほんとに幸せだと思います!
一緒にわいわい出来て、ほんとに楽しかった!!

よしださんは長い付き合いで、今までの芝居の中でもペアで動いたり、敵対したり…と色々な関係性を演じる機会があったけれど、これほどまでに「思いっきり喧嘩してやろう!」と思った関係性は初めてです。
うるぁー!!うるぁるぁー!!
コンチクショー!!覚えとけェ!!←褒めてます。

うっちゃんは宮島さんが入ってくださるまでの稽古の音響を一手に担い、音楽から殺陣から効果音からぜーんぶ入れてくれていました。
録画した殺陣画像を見て、休憩時間も自主練してる姿、ごっつり見ておりましたよ…!
音楽と効果音が欠かせない夜光堂のお芝居は、うっちゃんの支えと努力で成り立っています!!

宮島さんは音響さんに留まらず、色々な面でサポートをしてくださいます。
舞台のこと、特殊な小道具のこと、相談すれば次々にアイディアを出してくださる、本当に頼もしい兄さんです!
いつも支えて下さってありがとうございます。

佐藤さんは物語に欠かせない綺麗な照明を入れてくださいます。
仕込みの最中に試しに光が入るだけで「ふぁぁああぁ〜!」となってしまう我々。
場当たりに入ってフルで目にしたら、その美しさにうるうるしちゃうんじゃなかろうか…と思っております。

そんなメンバーでおおくりします『ツキノニジ』。
まだお席に余裕がありますので、どうぞ劇場へ遊びにいらしてくださいませ。
こんなにも大人数でわいわいしている夜光堂の演目を見られるのはもうない?!かも…です!!(笑)
『ツキニジ』メンバー一同、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

さて、残すところ仕込みとゲネと本番のみ!!
魂の一欠片まで全て絞り出して臨みます。
皆さん、本当に稽古お疲れさまでした。
あと少しだけ、一緒に物語の中を駆け回る『仲間』でいてくださいね!

※…と、偉そうに書いてますが、わたくしはただの練習日記締め当番であって、演出は吉田なのであります!
本番が始まる前か…終わった後か…わからないけれど、何処かで、演出からのコメントが出たりするのかなぁ…などと期待する、今日この頃なのでした!
練習日記では、引き続き、仕込みや本番前などの様子がアップされる予定です。
まだまだおつきあいくださいませ!
| ツキノニジ | comments(0)
11月8日(日)
夜光堂第22回公演「ツキノニジ」最終稽古日の練習日記執筆を栄光のチョキで勝ち取りました、内山です。
なんか、こないだ(11/3)の日記でお名残惜しゅうございます…みたいな雰囲気でしめちゃったけどもう1日書くわ! メンゴメンゴ! ( °∇^)]テヘペロ
この日は照明の佐藤さんが稽古場にいらっしゃる日だったので、佐藤さんエピソード多めでお送りします!


【たべるかとおもって】

お昼時に稽古場にカンヅメになる佐藤さんと宮島さんのために、ケータリング隊長の七海さんが昼食用にと最近お勧めのお店で買ってきた美味しいおにぎりとおかずを何種類かご用意。通しを見終わり打合せも一段落してから休憩スペースにてご飯たーいむ。
からあげを食べながら「…うまっ」と呟く佐藤さん、もりもり食べる宮島さん、七海セレクトの評判は上々。
そして、事件(?)は私がちょっと場を離れていた間に起きました。
用を済ませて自席(音響ブース)に戻った私の目前、そう、開きっぱなしの台本のヨコに突如現れた(ちょこんと置かれている)『切り昆布煮』のパック(未開封)…!!!
『…佐藤さん? これ、佐藤さんのおかずですよ。どうしてここに置いたんです??』
と、訊ねてみたところ、さらりと「いや、食べるかと思って」と返され絶句する私。
…いや、確かに、私大食いですけど。良く食べますし、そんときちょっとお腹空いてましたけど。さすがに…「これあげる」とか云われもせずに目の前にあったものを食べたりは…しませんよ!? それ、野生動物とかにやるやつじゃない?
…今、書きながら思ったけど、私、そのとき、佐藤さんと宮島さんの間に座ってたんですよね。だから、切り昆布煮パックを宮島さんが置いた可能性もゼロでは無かったんですよね。でも、なんの疑いもなく佐藤さんに訊いた私…w だって、宮島さんはそんなことしない…たぶん…w


【小声じゃない】

私だけが『…馬鹿な?!』ってなったハナシ。
その1。
通し中に佐藤さんに暗転明転のタイミングを出来る範囲で伝えるお仕事に任命された私。たいへん! 分かるところとなんとなくしか分からないところがあるわ?! しからば、通しが始まる前に復習を…ということで、とある音楽合わせの部分を手元のメモを見ながら、イヤホンで音楽を聴いて…ぶつぶつとカウントを取りながら一心不乱に練習。
…知らなかったんです、本人的には“呟いてる”くらいのつもりのその声が、傍らの打ち合わせの邪魔になるくらいの結構な音量だった、なんて。…知らなかったんです…!
その2。
通し中の出来事。
宮島さんが以前にニガテと言っていた場面にバシッと効果音をキメてくれたので『宮島さん…完璧じゃないですか!』と横から称賛を囁いたのですよ。宮島さんは無言で親指を立てて応えてくれました。
で、なんかね、そのあと、退場した役者がね、二人で肩寄せあって『ナイわー』『ナイわぁ…』って言ってたそうで。
うん、もう、全員がオチ分かっちゃったと思うけど…私の囁き声ね、舞台まで聞こえてたそうです…orz
『内山くんにしては小さい声だったけど、あれ、普通の人の話し声のボリュームだったよ』(吉田談)
まぁね、1はね、イヤホンで音楽を聴いていた、という素地があるからね、まだね、言い訳がきくけど、本人的には囁き声のつもりが丸聞こえって…どうよ、どうなのよ?!
ってか、これって、お婆ちゃんのエピソードじゃない? 私、おばちゃん通り越してお婆ちゃんになったの?(確かに節々が痛むようになりました…w)
本番当日はもう、あれだ、伝達事項は筆記だ!


【いつ暗転した?】

ツキノニジ、クライマックスシーンがついにいい感じでまとまりまして。
それで…元々このシーンは涙腺がバカになる傾向があったんですけど…この日も…この時も…ちょっと…効果音入れながら色々と感極まって涙ボロボロ流してたんですね、私。(スタッフが自分とこの舞台を個人的な感情駄々漏らしで観ていることの是非は取り敢えずおいといて戴きたい)
で、そこを過ぎると、私のオペは終了なので…場面切り替えのところで佐藤さんに明転タイミングを伝えなきゃと思い、涙と鼻水を拭いながらポイントで『め、明転…っ(ぐすっ)』って言ったんです。
佐藤さん、ギョッとしてたよね。
それは、横の女がいつの間にかだーだー泣いていたから…ではなくw
どこで暗転したのか言ってないのに、いきなり明転のタイミングだけ指示してきたからw
暗転と明転はセットで伝えようね!w
通しの後、七海さんが『うっちゃん、泣きながらも照明タイミング伝えてて頑張ったなーって思ったよ』と言われるw
ああああ、それも…舞台に聞こえてたんですね…orz


【伝わってた…】

佐藤さんがいらしたときの大まかな流れは、まず演出が膝詰めで台本をめくりながら舞台装置の概要や、場面ごとにお願いしたい照明効果などを口頭で説明いたします。
で、その後に実際の通しを観て頂き、プランを固めて頂くわけですが、夜光堂は佐藤さんの照明プラン、オペ共に大好きなので特にこだわりがあるところ以外は割とお任せすることが多いです。『ここで、いい感じの明かりを…』なんて依頼の仕方はざらにございますし、時には『ここは、おにぎりを食べている感じの照明を入れていただきたいです』(例はネタバレしないように私が今テキトーに考えましたw)なーんて抽象的すぎる依頼もガンガン出します。
佐藤さんはそんなとき『…おにぎり?』と一応ツッコミながら(ツッコミなのかな?)も、必ず最後には『分かりました』と仰るのです。
その度に、夜光堂は『伝わった、伝わった!』と大喜びし、実際に佐藤さんが作って下さった“おにぎりを食べている場面の照明”を現場で観て狂喜乱舞するのです。
通しを観たあとに確認事項があればその場面を反復したりもするのですが…っていうか、今日も佐藤さんのリクエストがあれば、もう一回通しをやる心づもりでいたのですが(因みに佐藤さんがいらっしゃる前に既に1回通し済みです。つまり、3回やる気があった)…今日は1回観た時点で『分かりました』を言っていただきました。
分かっちゃった! 伝わっちゃった! これでもう、あとは現場で狂喜乱舞するだけだ!
本当に…頼りになる…ナイスガイです、佐藤さんは!


と、云うわけで…夜光堂第22回公演『ツキノニジ』の稽古場での芝居練習はこれにて終了致しました。
残った時間は、メイクテストと仕込み日の段取り打ち合わせを行い、なんだかフワフワした気持ちで帰宅の途につきました。

7人の役者と3人のスタッフが総力をあげてお届けする物語『ツキノニジ』、是非とも劇場で御覧いただければと思います。

総員でエンジンぶるんぶるんにしてお待ち申し上げております!

…って、最後の日記っぽく締めてみたけど、噂によれば、仕込み日とかに誰かが気紛れに『今、こんな感じでーす』って感じの日記を投稿する可能性があるらしいので、良かったらそちらの方もご期待ください!

ひとまず、稽古場からはの報告は以上となります!
皆さん、お疲れさまでした!!
| ツキノニジ | comments(0)
11月7日(土)
最終練習日一日前です、こんにちは、吉田です!

【通り過ぎるバス】
この日は駅から稽古場まで徒歩で10分ほどかかる場所。
バスで来る人、歩いてくる人様々なのですが、私は大抵徒歩です。
でっかくて重いゴロゴロを持っているんだから、バスに乗ればいいのに!といわれる
のですが、電車から降りてホームからエレベーターを使うと、バス乗り場から遠く
なってしまうのです。
なので、いつもテクテクと歩いているのですが。
いつも同じ場所でバスが目の前を通り過ぎていくのですね。
で、「バス、乗ってる?」と七海に連絡してみたところ、「乗ってるよ」と。
いつも私の目の前を通り過ぎていたバスには、いつも七海が乗っていたようです。
そしてこの日は佐倉井さんも一緒だったとのことで。
いいなー、バス停近くに出られればバスに乗るのになーと言っていて気がつきまし
た。
いくらバス停から遠い改札から出ても、そこから稽古場まで歩くよりは、バス停に行
けばいいじゃない、ということに…あああああ。

【ミシンの音とおやつと】
内山君が出張に行ってたとかで、今日はおやつがいっぱいでしたよ!
えーと、現地ではさっくさくのでっかいプリッツ、だったそうなのですが、出来て時
間がたったそのおやつは、やわらかいプリッツとなり、どちらかというと細長いドー
ナツのようでした。
因みにこの日は私がドーナツを持ち込んでいたので、普通のドーナツもあったので
す。
その細長いドーナツと、普通のドーナツを休憩時間にもっふもふと食べていると、異
音が。
がががががががが…という軽い音がするのです。
食べながらいぶかしげに周りを見回すおやつを食う面々。
そこには、休憩時間に黙々とミシンをかけて衣装をつくるめぐさんの姿が。
しかも何か可愛いミシンですよ!
私が持ってるミシンはブラザーのごついやつだし、七海のも内山のも確か普通にごつ
いやつだ。(夜光堂の面々がみんなミシンを持っているのは、衣装を作るためだけ)
こういうところが女子力の違い、なの…か!?

【通しも三回】
そして、今日も通しを三回!
最初のころは、「うえええ…」となっていた一日三回通しですが、もうみんな慣れて
しまって、一回目は○時から、二回目は○時から、三回目は○時から、と言っても普
通に「はーい」です。「えー」って言う人がいないです。
体力もついて、三回通しても意外と平気です。まぁ、もれなく汗だくにはなるのです
が。
合間に録音してきた前説と音楽とをミックスして…なんて作業をしましたので、途中
からは客入れ曲(お客様が劇場に来たときに流れている曲たち)も入れて、前説も入
れて、という本番さながらの流れもできました。
このミックス作業がですね、PC上でもできるのですが、ソフトを使った音楽の
フェードアウトが美しくないのですね。なので、直接ミキサーを使ってミックス作業
をしていたのですが。
私がやる音楽のフェードアウトの仕方は…非常にねばっこいと言われてます。
こう…アウトし始めてから、本当に消えるまで、「すこん」とフェーダーを落とすこ
とがないんですね。音が小さくなった時ほどねばっこく落としていきます。
まぁ、気が向きましたら、前説終わりの音楽のFOをじっくりお聞き下さい。ねばっ
こいので(笑)。

【明日は最終】
7月に始まった今期の練習もいよいよ明日でラストです。
照明の佐藤さんをお迎えして、打合せも行いますよ!
では、今週末、シアター1010ミニシアターでお会いしましょう!
おまちしております!
| ツキノニジ | comments(0)
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ