稽古場より徒然なるままに

<< 2月11日(日) | main | 2月18日(日) >>
2月12日(祝)
演出に遠隔で見守られながら(練習前に前日の総評…吉田さんが報告してくれてる…とその日の稽古に求めてることについて綴ったメールくれる)の三連休稽古もいよいよ最終日。
稽古場に集合した我らがまず、互いに確認しあったこと…それは…
「なんか、身体があちこちギシギシっつーか、バッキバキっつーか…とにかく血流が半端なく滞っているような気がするんだが主らはいかがか?」でした。
私だけかと思ったら、どうやら、皆そうだったらしい…安心した。
と、云うわけで、いつも以上に念入りにストレッチをしながらの健康情報の交換がやけに盛り上がるのでありました。
オレ…いつか、鍼灸院に行って、その効果のほどを確かめてみるんだ…!
あと、下っ腹やおなか周りの浮き輪を即座に消滅させる裏技を知っている方は、夜光堂にメールください。我々は切にその情報を欲しています。

はてさて、この日の稽古参加者は前日同様、あーや、ウッチー、吉田さん、そして私(内山)の4名。

演出からのメールにはざっくり言えば「キャラクター同士の関係性について色々やってみたり考えてみたりしてみて?」と言ったことが書かれておりました。場面練でもエチュードでも殴り合いでも(!)…その手段は問わない、ということでしたので、私たちは車座になって「おはなし」をすることにしました。この3人が一緒に出ている場面がないことはないんですけど、三者で会話が交わされることってのがナイんですよねぇ。それだけが理由ってわけでもないんですが。

と、云うわけで色んな話をしました。

あーやは演出からのメールに書かれていた一言に以前から感じていた違和感の正体が明確になった、ということを話してくれました。吉田さんは、以前やったキャラクターエチュードでずっと引っかかっていたウッチー演じるキャラの言動に対する違和感について明かし、それを聞いたウッチーは「ああ、自分は大事なことを忘れていた」と何かに思い至ったようでした。
お芝居の稽古というと飛んだりはねたり泣いたり笑ったり突然人格が変わって白目になったり…と派手なことするイメージが強いですけど、人の毎日がキラキラしてて楽しいだけではないように(そんなことはない、私の毎日はいつだって輝いている! と言う方…私は来世、あなたになりたい)、人一人の挙動を作り、思考を作り、互いの関係性を作り、物語を創るためには、この手の地味な作業も必要なんです。
取り留めなく…でも、途切れることのない…とても大事な時間でした。

それから、昨日に引き続き舞台美術に使う布の細工をしました。総員でせっせと励んだお陰で、素晴らしい…本当に素晴らしい大作が出来上がりました! 撮影した写真を皆様にお目にかけたいのは山々…ではありますが、ここはひとつ劇場でのお楽しみということにさせていただこうと思います。あのね、多分、すぐ分かります…バーンと出ますんで(笑)。ご期待下さい!

長時間エチュード、配役シャッフル通し、そして車座対談に美術製作…実に盛りだくさんだった三連休稽古、これにて終了。
参加した皆様、お疲れさまでした。

さて、来週は17日をツキイチのお休み日。そしてその翌日である18日には…ついに、ああ遂に自劇団での公演を終えた彼が…稽古場に帰って、くる!
そして…え、なんだって、"あの人"も稽古場にやってくるという情報が!
賑やかになりそうです♪

| 怪事街〜ミス・サンフラワーの逃走 | comments(0)









http://diary.yakoudou.com/trackback/978
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ