稽古場より徒然なるままに

<< 1月6日(土) | main | 1月13日(土) >>
1月7日(日)
七海でございまーす。
風邪アンド乾燥の季節でございまーす。
稽古場にげふげふしながら出勤してくる輩がいますので、稽古場の演出席の横には昨日よりウッチーさんと七海による「のど飴供給ゾーン」…そして吉田による「のどケア品供給ゾーン」が出来上がっております。
のど飴ゾーンはその名の通り、ずらりと様々な種類の龍角散のど飴と、喉に優しい大根生姜アメなどが置かれたゾーン、そしてのどケア品ゾーンは前回の公演期間中にも大活躍の龍角散ダイレクトや、「なんやこりゃ!見たことない!」みたいなお初なのどケア品まで吉田コレクションが並んでおり、「喉の調子が…」という者たちが拝借していくという素敵なゾーンであります。
稽古場でげふげふしてる輩がいるから皆、是非とも気をつけて…ちょっとおかしいなと思ったらすぐさま何らかのものを口に含んでいただきた…げふげふっ、げふげふっ、ぼえ〜。
そう…げふげふヤローの正体はわたくしです。面目無ェ。虫歯になるリスクをかなぐり捨てて、稽古中ずっと飴を舐め続けました。
ところで吉田は飴を口に含みながら「マジで!?」と口にした際に、歯にのど飴をガギィ!!!と当てて悶え苦しんでいたので、「のど飴をお口に入れている間は顔と身体だけでびっくりする」を推奨したいと思います。


【…思ってたんと違う!!!】

昨日は前半部の大まかな段取りをパキパキつけていきましたが、今日は後半!
いやぁ今日も調子良くていていていーってやっちゃうよ!などと思っていましたが、物語も後半部に差し掛かって参りますと、話がキャラクターの中身に及ぶことが多くなって参ります。
最終的に演出が「もう、なんか段取りとか忘れていいからひとまず好きにやり給えよ!!」と一声発する事となり、稽古は段取りつけよりもキャラクターたちの中身の話…物語に関わる話を…という内容になりました。
そんなとき流行ったのがこの言葉。
「思ってたんと違う!!!」吉田発。

例文「台本読んでたときはホニャララ〜って思ってたけど、場面連で実際の人物を目の前にして話を聞いてみたら思ってたんと違う!!!」

これはそれぞれのキャラクターの中身が濃くなっていけば、また変わってくるもの…。
ただこれを発したときの吉田の「びよっ!」とした表情が面白くて、私の中で流行っております。いつか自分も使ったろーと画策中。
お客様が良い意味で「題名と物語…思ってたんと違う!!!」とびよっとしてくださるような物語が出来上がるように心を込め込めしましょ。


【トメイに何があったのか、そして吉野さんは胴を縮められてしまうのか】

本日も七海は演出業に専念のため、内山トメイを召喚致しました!
トメイは物語の後半…盛り上がりの場面にどうにも弱いのです。感情がだばだばと溢れてしまうのです。そしてそれは目から水となり零れ出してしまうのです。

演出「トメイ…次の場面に行ってもええんかいの?」
トメイ「…顔を洗ってきてもいいでしょうか」

トメイ、ちょっと待ってくれ。
「演劇の練習」と堂々書かれている場所の扉から泣き腫らした人が出てきたら…演出に泣かされたんだと思われちゃうじゃろがぁあぁぁあーーーーーーいい!!!
夜光堂は無茶な事は言いますが、頻繁に役者を泣かせたりしないわりかし穏便な劇団です…か?…何故問い掛け…。
ところで本日の無茶な一言は「吉野さん、胴5センチばっかし縮んでくんねぇかな!」です。全然穏便じゃないじゃろがーい!
と、いうのもワケがありまして、夜光堂は今まで吉野さんほどタッパのある人の出演経験が無いのでございますね。セットの立て込みも180センチあれば役者が隠れられていたので、今回も立て込み隊長吉田はそれで考えて考えていたようなのです…が…、吉野さんは頭がはみ出る事が判明。謹んで胴体を5センチほど縮ませる提案をさせていただきました。(笑)勿論冗談で、実際には素敵な何かでぴょこっと飛び出てしまう頭を隠す策を取るようですよ。
実は…今、吉田家では着々と様々な大道具パーツが塗られたり組み上がったりしているのです。留意用に可愛らしい家具も…作って貰ったのだとか貰ってないのだとか??物語の主な舞台は二夜ノ先生のお宅です。さてさて、どんなお部屋になるのでしょうか…!


【小道具の割合】

今回の物語…ブランケットや布がよくよく登場します。
物語に登場する布類の他にも、稽古場の床は冷たくて、床でお芝居をすることの多いあやあやは床に自らのストールを敷いています。
吉田は自分の持ってきたストールを二夜ノ先生宅のブランケットの代用とし、器用に頭からつま先までを収納。
そして内山が持ち込んだのは、マカロン柄のふわふわブランケットちょいちっちゃめ。
舞台にいる役者にそっと掛けてあげています。
今回の小道具の3割はティーセット、3割はブランケット、3割が本…そして、残り1割がその他でございます。
ワレモノ!!かさばる!!重たい!!
何故…何故にこんなにも運搬しにくい小道具ばかりなんダァ!!!
さて…シャウトしたところで、適度な値段のオシャレ雑貨店に通うと致しますか。やいのやいの言いつつも、実は二夜ノ先生宅の小物をあれこれ選んでいる時が堪らなく楽しい小道具係。
以前、閉店する雑貨屋さんで小物を買い込んでおりましたが、その中に謎のフクロウの置物があり…吉田から「そのフクロウ的なものはなに?」と問われ「さぁ…なんだったんだろうな」と答える小道具係。取り敢えず二夜ノ先生の部屋のどこかにこっそり飾ろうと思います。


【美味しいものを食べてがんばる!】

今回の稽古場は駅前の商業施設の一角にあり、地下に行けばお惣菜、ちょっとおんもに出ればラーメン屋さんや定食屋さんやファストフード店があり、ごはん休憩時には各々が様々な場所へ散っていきました。
ラーメン屋さんへ行った組は、次回使うことのできるクーポンをお店で渡され…内山「そしてラーメン屋ループに陥っていくんだ」…と。
来週は何処の稽古場だったかな…??
身体を動かすお芝居をやっていると稽古の時の楽しみはやっぱりごはんやデザート!
もりもり食べて、来週もがんばります!












| 怪事街〜ミス・サンフラワーの逃走 | comments(0)









http://diary.yakoudou.com/trackback/969
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ