稽古場より徒然なるままに

<< 12月24日(日) | main | 1月7日(日) >>
1月6日(土)

明けましておめでとうございます!
夜光堂、2018年の稽古始めの記録を綴りますは、稽古場音響見習いの内山でございます。
稽古が始まって2ヶ月を経過しておきながら、なーぜー、未だに見習いなのか…そんなお話も交えながら、本日の練習日記を綴って参りたいと思います。

金曜日(1/5)の地震予報、どうでしたか皆さん…久し振りでびっくりされたのではないでしょうか? 私なんかは、会社で「来るか…来るのか…もう来るのか…今なのか、それとも数分後なのか、強さはどれくらいなんだ、帰れるのか???」とすっかり浮き足だって挙動不審になっていた訳ですが、我らがヨシダミチコは流石でしたよ。
『公演中に地震予報やそれに類するものが鳴ってしまった場合のケーススタディやってなかった!』って思いいたって、本日、“公演中に速報てきなものがなってしまった場合の対応マニュアル”を作って稽古場に持参してキタ! なんか、もう、視野というか考え方がさ、多面的でゴイスーよね! 自分のことしか考えてなかったよ、私なんか!
と、云うわけで、公演時はほぼヒャクパー会場係を拝命する予定のわたし、このマニュアルを頭にしっかりと叩き込み、当日ご来場頂いた皆さまの安全をしっかと守らせて頂く所存でおります、どうぞよろしくお願いいたします!

さて、夜光堂はこの日から超(長)時間練習が始まりましたので、場面練習はもちろん、身体慣らしや発声にもじっくり時間が使えます! 今のうち今のうち…。あ、お前は身体ほぐしも発声も関係ねーだろ、なんて無粋なことを言う人は、この稽古場にはいませんので、私もガッツリ参加させて頂いています(そして、落ちこぼれています)。
部屋の対面に声を届けたり、声のバトン渡しをしたり、リズム取りの手遊びをしたり…学生時代に戻ったようで、楽しかった〜。

午後からは場面練習。
シーン毎に段取りをつけ、演出が入れる音楽や音を決め…あ、むろん芝居へのダメ出しも入ります。
…と、ここでおもむろに演出より『トメイ…トメイを召喚します!』という一言。それに応じて「はーい」と立ち上がる私…そう、私、“留意(りゅうい。演出の七海さんの役)の代役、”その名も留意(とめい)!
稽古場音響は音楽や音が決まってからでないと出番ないですし、音決めも段取りつけも舞台上で演技しながらじゃ出来ないし…と、いう訳で、音楽や音や段取りが確定するまでは、稽古場音響が演出の代役で舞台に立つ…という図式が出来上がりましたのです。

実際、すげぇ気恥ずかしいですよ…今回の物語はシリーズ三作めで、一応、過去二作には役者で出させて頂いてたので、「私の中に蓄積された留意(りゅうい)の記憶よ…今、我の身体に蘇り、再現せよ!」と思ってやってはいるのですが…やっぱり出来ないもんね。本役に寄せるための技量不足や観察不足もありますが、それ以上に私自身の自意識が表に出がちなのが問題! 余計な動きや余計な台詞が出てきてしまったり。そう考えると、名前は同じだけど読みは違う“トメイ”という名称は、実に的を射ていますね…。本役が戻ってきたときに共演者の皆さまが「…全然違うんですけドー!」「何だったんだ、トメイー!?」ってならないよう…祈るばかりでございます。
尚、代役はトメイ以外も承っております…この日はお仕事で稽古場到着が遅くなった佐倉井さんの代役もさせて頂きました! その模様を撮った写真を見たら、一生懸命可愛く細くなろうとしている様子がうかがえて…笑うしかない感じです。(しかも、動き間違ってる!! ここは座ってなきゃいけないところだよー)

あーあ、私が七色いんこ(手塚治虫の漫画に出てくる代役専門俳優)だったらよかったのになぁ…ゴロゴロ〜ゴロゴロ〜。

 

時間いっぱい使って、シーン番号だけでいえば半分まで段取りつきました。ストーリー的には“承”がそろそろ終わるかな…といったところ。お話はこれからどんどん加速しながら転がっていくので楽しみ…ですが、まずは今日ついた段取りを確実に覚えて、消化しないと…! だって、明日はこの続きから始まるからね?(多分)違う場面の新しい段取りで上書き保存したりするわけにはいかないですから!!

 

日々死にゆく脳細胞に鞭打ちながら…頑張ります!


 

本日の謎写真、迫りくる吉野さん。

 

 

 

 

 

| 怪事街〜ミス・サンフラワーの逃走 | comments(0)









http://diary.yakoudou.com/trackback/967
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ