稽古場より徒然なるままに

<< 11月1日(日) | main | 11月7日(土) >>
11月3日(火・祝)
10/31,11/1と稽古して、1日あけて、迎えたこの日。
本番まで練習できる日数はあと…とか考えて青ざめた後に「…あ、3日が祝日だった!」「もう1日あった!」と暗闇の中に灯りの着いた家を発見したような気になったのは私だけでしょうか。
…私だけっぽいですね。
あと、最近、皆を見習って11時出勤から9時半出勤(それでも役者陣より30分遅い)にしてみたんですけど、そうすると洗濯・掃除がまったく出来ないことに気付きました。(尚、炊事は10月半ばくらいから既に半ば放棄。主に外食とコンビニで生きています)
えっと…9時から来て10時まで稽古している役者のみんなは、いつ洗濯・掃除をしているの? 平日夜? それとも早起きしてちゃちゃっと済ましちゃうの? ウチが2槽式だから滞ってるだけ?(なお、11時出勤でも9時半出勤でも起きる時間は変わりません。朝の私、かなり使い物になりません…)
片寄さんに『内山さん、衣装持ちだよね(毎回、彼には私が稽古場に着てくる服が違うように見えるらしい…)』って言われて「?」と思ってたけど、このように洗濯が滞っても「困ったなー(ボへー)」くらいで済んでいるってことは、私、本当に案外衣装持ちなのかもしれない。
あれ、なんか愚痴風自慢みたいになっちゃった…こんにちわんこそば! 内山です。(そういえば、この日は浅草公会堂でM-1の準々決勝だったはず…どうなったかな!?)


【結局、どこに行ってたんだろう…?】

意識してなかったけれど、私が稽古場音響を1人で勤めるのは11/1が最終日だったようで、今日からは宮島さんとの2人体制になります…が、そろそろいらっしゃってもいい時間なのに、まだ現れない…。
この日の稽古場は電波状態が良くなかったので、場所を移動しつつLINEを受信。

 9:13 (宮島)寝坊しました。11時までには着きます
 9:56 (吉田)HAHAHA!

なんだ、そっか…とカーテンコールの段取り付けなどをしながら待つこと1時間弱。

11:15 内山「宮島さん…まだこないねぇ…」

再度、LINEを確認。

11:21 (宮島)ごめんなさい、稽古場間違えました
                        12時には間違いなく…
        (ごめん寝スタンプ)

即、皆に言い触らしたよねw
宮島さんが最初どこに出勤したのかは聞き損ねてしまったんですが…まぁ、お忙しい方ですからね。
尚、ワタクシは稽古場を間違えたことはありませんが、寝坊リカバリーのためのタクシー出勤を今期2回ほどしていますw



【片寄さん、それイップスです!】

スポーツ用語なんで、本当は違うかもしんないですけどね。
あの…アレですよ、「君はよくそんなに沢山の足を使って歩けるね?」って言われたムカデくんが「そう言えば…僕は…今までどうやって歩いていたんだろう…?」って混乱して歩けなくなる…っちゅー童話的なお話があるじゃないですか…あの現象のことを云いたかったんですけれども…調べても出てこないから(それは、検索用語が「ムカデ」「歩けない」「童話」とかだからじゃないのか?)…仮にイップスとしますね。
で、片寄さんなんですけれども。
多分、「平台から落ちないようにしなきゃ…」「けこみを蹴っちゃダメだ…!」「台詞の頭を間延びさせないように…」とか色んなこと考えながらやっていたからだと思いますが…「手に持った小道具を台詞を言いながら市川さんに渡す」という動作が…何故か不自然。差し出された手を迂回したり、妙に自分の手を返してしまったり…スッといかない。
日常ではなんの苦もなくできる動作なのに、ひとたび意識してしまうとできなくなり、なぜこんな簡単なことが?! という焦りがまた混乱を生むという…これ、なる人(分かる人)とならない人がいると思うんですけど…私、しょっちゅうなる人だったんで…「あああ、片寄さん…!」と参観日の母親のような気持ちになっておりました。
周りから見るとおかしみしかないんでしょうけど、本人的にはすっげー、焦るんですよね、アレ。
解決法は「覚悟と開き直りを持つこと」だそうですけど…。
それが簡単にできたら苦労しないやい!



【謎の中国人あらわる】

場面練中の1コマ。
登場人物たちがそれぞれ興奮状態で口々に台詞を言うシーンがある。
大人数いて賑やかな場面だ。
今日、そこに、台本にはないキャラクターが紛れ込んでたw
その人物は、ウッチーそっくりの声で、『○○○ダーヨ!!』とカタコトでウッチーの台詞を喋って場の話題と空気をあっという間に独り占め。ある意味、台本通りの賑やかな空間が出来上がりました。
皆がヒーヒーと笑い転げる中、何故かウッチーだけが恥ずかしそうに佇んでいましたとさ…w
また、あの愉快な中国人に会いたいけど…笑い転げた拍子に殺陣音のパッドをウッカリ押してしまったりしたらコトだから…やっぱり謎の中国人には、薄暗い店の片隅でギズモ的なものをひっそりと売るお仕事に集中して貰ったほうがいいよね…。
もう、来ちゃダメだよ、謎の中国人!


【年増とおじさん】

めぐさんが(お仕事のため)後ろ髪を引かれる思いで早退していかれたので、彼女の台詞は出来る限り私が舞台外から入れることにしました。
カワイイ女の子の役なので年甲斐もなくノリノリでした…が。
私が台詞を入れると、相手役のウッチーの台詞が出てこないw
これ、すごく珍しいことで。
ウッチーって、噛むことや一言二言ワードを落とすことはあっても台詞が完全に出てこないなんてことめったにないんですよ。(少なくとも私はあまり見たことない)
と、なると…原因は…ちょ…なに、それ、もしかして、「○○(めぐさん役名)は、そんな昭和臭のする年増じゃない!!!」っていう拒絶意識!? ひどいわ!! と因縁をつけて絡む私。
『違うよぉ…あれ…えっと…ちょっと待って…何でだろう…』ひたすら困った顔のウッチー。
その後同じシーンで、今度は宮島さんが代読み(なんで変わったかって? 私が音を入れる番だったからですよ)をしたところ…やっぱり次の台詞が出てこないw
困り切ったウッチーに『おじさんが相手だからでしょ? ねぇねぇ、おじさんが相手だから台詞が出てこないんでしょ?w』と重ねて最低の絡み方をする年増女、そう、それは私!w
慌てるウッチーを「可愛く読んだのになぁ」「そうですよ、年増とおじさんなりに!!」としつこくあおり続ける、音響チームなのでした…。


【消える効果音】

夜光堂の芝居と云えば、ガンガンの音楽にガツガツ入る効果音…なわけですが…とあるシーンで、この効果音が…消えた。オペした私、横の宮島さん、スピーカー側にいる役者…全員に聞こえない。もーね、怪異! 勝手に点滅する仕掛け…! とかね、私が練習日記番のときにどんだけ不思議現象が起こるのか、私は呪われてるんでしょうか…と思わなくもない。で、こちらの種(?)は簡単で、単純に音楽Aがα部分に差し掛かると効果音BはAの旋律にのみこまれてしまう…ということらしいです。これまでの稽古でBを入れるタイミングがαに差し掛かったことがなかったので気付かなかった現象でした。その後、点Pが5分遅れて出発し…あ、説明はもういい? そうですか。(←完全なる悪ふざけ)で、なんで今日に限ってBがα部分に入ることになってきたかと言えば…役者の動きのテンポが良くなり、時間が巻いたからです。ここで、「じゃ、前のテンポに戻す…?」とならないのが夜光堂w 「じゃ、さらに巻いてα前にやりとりを終わらせよう!」ってなるのなw 結果、有言実行でそれを成し遂げ「じゃ、このシーンはこのテンポで!」ってなったんだけど、役者の“みんなでちょっとずつ協力して…”みたいなの、マジカッケーね! ここで音響が「じゃ、私がこの部分だけ曲のテンポを変えるね!」とか言ったら、大惨事だもんなぁ…。


【ことのほかご立腹】

勘のいい方はお気づきかも知れませんが、今日、通しやってないんですよ。最終調整というか、どーしても直しておきたい部分の強化修正と、ずーっと後回しになってしまっていた、役者・吉田と演出・吉田の擦り合わせというか、一騎討ちというか…をじっくりと行いました。吉田さんが「あああああ〜どうしよう、どうすっかなぁぁぁ」と叫ぶたびに七海さんが「でっけぇ独り言だな!」「ここまできたら自分がどうしたいか、だろーに!」ってツッコむのが面白かったです。そんな的確アドバイザー七海さんですが、勿論、役者・七海の顔が有るわけで…その心でいるときはもっと容赦がないw あるシーンで役者・吉田が物語中に発した一言(台本にない)が…ひどく腹立たしかったらしく…そのシーンの稽古が終わってもずーっと怒ってて、機器や荷物を撤収して、さぁ、稽古場を出ますよ…という頃になっても、まだ怒ってました。吉田さん、その間じゅうずーっと八の字眉で「ことのほかご立腹でいらっしゃる…」と呟いていましたけれども。物語的には“アリ”だけどキャラクターの気持ちを考えるとチト、キツい…って感じの一言でした。
ってか、ここに来てまた新しい局面があるらしいよ…?
現段階でどう落ち着くかは定かじゃないけれど、どうやらこのシーンも何らかのブレイクスルーを迎える予感…。役者陣の気持ちのぶつかり合いの分だけ何かが生まれます、きっといいものになるよ! ご期待ください!


帰り道で「こんなに役に入れ込んじゃって…私、公演が終わったら自分が虚脱状態になってしまわないか不安だよ…」ってあーやが言ってました。
そうだね、あーや、私も、あと数週間でこのチームがなくなるなんて実感が持てないよ。
残った稽古日数はあと2日。劇場入りはすぐそこです。
楽しみなのも本当、寂しいのも本当。
だから、1日1日を大事に過ごしたいと思います。

本日もお疲れさまでした!!
| ツキノニジ | comments(0)









http://diary.yakoudou.com/trackback/936
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

このページの先頭へ