稽古場より徒然なるままに

<< 1月7日(土) | main | 1月22日(日) >>
1月14日(土)
オス!オラ七海!
一月に入って寒い日が続いております。
皆さま、如何お過ごしでしょうか?
本日の稽古は初めて使わせていただく場所でちょいとばかりドキドキです。
お芝居の稽古といいますとそこそこデカ声を使うもので、施設の方にも、
「ほどほどに…」
というお言葉をいただいております。
長くお世話になりたいと思っていますので、初日から「あんぎゃ〜!!」「んぎょあ〜!!」「いぎゃ〜!」などの奇声を発しないよう平常心を保ちたいと思います。
余談ではありますが、僕と吉田が学生時代に所属していた演劇部では、十人ほどのヲナゴらが、
「キャーーーーーー!!」
と悲鳴をあげる芝居のシーンがあり、稽古中に警備員の方が飛んでくるという事態を巻き起こした事があります。
ドアを開けた警備員さんもポカーン。
開けられた我々もポカーン。
一瞬誰も何が起きたのか分からない有り様でした。
猛省。
それをふまえて本日のお達し。
「悲鳴はあげない、奇声は発しない!」
いざ、稽古。
 
 
【だってその練習がやりたいんだもの】
 
本日の稽古担当は七海。
稽古担当者はその日一日の稽古の時間配分と稽古内容を考えます。
延々と発声をやりたければ一日発声の指示をしたってオッケー!
自分が「ここを極めたいなぁ」とか「誰々にこれを教えて欲しいなぁ」と思ったら、それをぶっこんでいけるので、大変お得な役回りなのです。
しかし、稽古担当者も絶対ではありません。
その上には、そう!
今回の物語と公演を統べる演出様がおられるのです!
演出様が、
「オラオラ、あたいに時間を使わせな!」
と言えば、それは物語内容やキャスティングに関わる最重要案件。
そらもう「ハハァー」とセンター位置を速やかに明け渡します。
演出吉田が言いました。
「にゃーさん、今日は終わりまでの30分使いたいので」
と。
だから七海答えました。
「じゃあアップと発声が終わったらすぐさまお渡し致します!!」
「え…30分でいいのに」
「いいーや!お渡し致します!!(きっとこの前やった台本を元に練習するに違いない!)」
「…にゃーさんが、やりたいんだね??」
そうです、わたしがやりたいんです!
こうして七海は、演出が演出する練習時間を目一杯獲得することが出来たのでした。
演出吉田は困った顔をしておりましたが…!
これには嬉しいオマケがついておりまして、なんと演出、前回いただいたミニ台本のパワーアップバージョンをご用意しておりました。
うおー!!!
やはり沢山時間を取っておいて良かった…!!!
 
 
【姉さん、お客様です】
 
本日は稽古場見学の方がいらっしゃいました!
夜光堂的には久方ぶりです。
なんとジャージを持参いただき、稽古フル参加!
一緒にコアリズム(七海セレクト)から始めて、発声、最終的には演出が用意していたミニ台本でのミニ発表会にもフル参戦いただきました。
お若い方なので、とにかくお芝居も爽やか!
吉田が言うに、
「にいさんとにゃーさんの組は爽やかじゃない…。なんか不穏だ…!」
それを受けて兄さんと七海は必死に爽やかさをアピールしていましたが…。
もしかしたら練習や公演にご参加いただけるかも知れないとのことで、ウキウキとしております。
新たな風が吹く…かも!?
 
 
【課題と召喚】
 
本日のメイン練習は、勿論ミニ台本!
演出からこんな課題をもらいました。
「二つの場面の配役とか見せ方を役者で好きに決めて発表してください〜」
はーい。
兄さんは役者同士「こうやろうこうやろう」とアイデアを出しあいながら、そして七海は頭から段取りをつけながら…。
段取り付け中の七海、途中で動きを説明するために、
「おーい!そこの吉田さーん!」
コロコロがついた椅子に座って仕上がりを待っていた吉田をまさかの召喚。
「演出として呼んでるわけじゃないのでいいんです!!」
吉田はその後、段取りが付け終わるまで一場面付き合わされ続け、遂には台詞まで言わされていました。
仕舞いには七海に、
「もー!台詞くらい覚えてきてもらわないと困るヨー!」
いやいやいやいや。
吉田さんいきなりの指名で手ぶらで来てますから!
更には、
「よちさん、なんかこの芝居に合う感じの音楽選んでー」
七海曰く、今度は音響さんとして召喚しているからいいんだそうです。
最終的には音楽を入れる場所が芝居の中盤だったため、たまたま場面に参加していなかった兄さんが音響係に召喚されていました…!
こうして、皆さまのご協力を得た召喚術を駆使してのミニ台本発表、大変楽しゅうございました。
 
 
【楽器係】
 
七海は思いました。
兄さんと見学者さんがやるミニ台本にも参加したい…と。
勝手に思いました。
確かにこの場面は、人が何人もいるような場所。
エキストラのような感じで…と思った七海が言った一言とは!?
「じゃあ楽器やりまーす」
確かに会話の中に楽器の話題はあったのですが…何故に人ではなく楽器を選択?
そして七海は舞台の隅っこで勝手に楽器を演じ、何故か終わった後にこれまた勝手にすがすがしい顔をしていました…。
邪魔すな!
 
 
【説明する吉田】
 
本日のアップはコアリズム。
初めての方や久方ぶりの方もいるので、動きを解説しようと思ったのですが、なんせ七海、元々説明が苦手。
説明が出来たとしても、かなり自分流なので、みんなの頭に「?」が灯るので、正直向いていません。
その点吉田は説明が的確で分かりやすく、オマケに説明が出てくるまでのスピードが早いのです。
なので、本日はコアリズムの動き説明隊長に!
では七海は何をしていたのか…。
「はい次、右ー」
「はい左ー」
方向係をやっていました…。
役に立つかな??
 
 
【初めての場所ですが】
 
終わってみれば、そこそこ声を張っていても大丈夫だったみたいです。
良かった…!
やはり場面練習などやっていると、気持ちに応じてやはり声がでっかくなってしまいます。
広さも十分あるので、なかなかに快適でした!
さて、来週も同じ稽古場です。
演出吉田は、ニヤリと笑いながら「ふーむふむふむ」と色々とメモしていたみたいなので、もしかしたら来週もミニ台本タイムがあるかも知れません!
楽しみにしつつ、また来週!
| ほおずきの街 | comments(1)
本日は参加させていただきありがとうございました。

なにぶんリズム感が無いのでコアリズム頑張ってついて行きました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
| 見学者その1 | 2012/01/15 3:30 AM |










http://diary.yakoudou.com/trackback/854
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ