稽古場より徒然なるままに

2月16日(日)
 
【終了っ!!】
本日で第6回公演の練習は終了です。
今回は幕にちょっとした仕掛けがあったりするのでそれを稽古場に仮設営しての練習。まち針を口にくわえて徘徊する者アリ、アイロンをかけまくる者アリ、黙々と段ボールに向き合う者アリ・・・ちょっとした工房の様でした。
その後に通し練習を2回。照明の佐藤さんもいらっしゃって、時々「ふっ・・・」と笑いながら手元にメモを。しかし、佐藤さん・・・「うーん、わからない・・」と言っていたのは何ですかっ!?何か変なところありました!?無理な事言っちゃいましたかぁ〜!?

さて。ラスト日の通しで台詞がぶっ飛んだり、どシリアスなシーンで相手役の名前を間違えたり、様々ありましたが・・・何はともあれ6ヶ月間の稽古は終了で御座います。いやぁ、短かったですね。ある意味長かったですね(笑)。
しかしっ!これから一週間でまだまだやる事が満載なのです。というより、本番はこれからなんで「今回は・・・」なんて振り返ってるヒマはないんです!
どうやらコレまでの公演の中で一番細々したモノがあるので、スペシャルサンクス・高橋様が酷く大変そうで。申し訳ないッス!

そんな仕掛けもいっぱい、切なさいっぱいの「白い砂」。来週23日に門仲天井ホールにて上演っ!
| 白い砂 | comments(0)
2月15日(土)
 
【ひょ〜っ、あと一週間ッス!!】
練習残り回数も本日入れてあと2回!一番焦っているのは演出やってる吉田だと聞きましたが・・・はて、その真相は!?(そーだよ、わりーかよ、焦ってんだよ、やべーんだよっ!)
そんな本日は「通し、2回やります。無理だったら1回は必ずやります」との稽古開始早々の通告。大変だぁ、本番は2回やるとは言え・・・下手をしたら3回やりますが。今のところはまだ1日に1回しかやったことがなので、きっとみんなばてばてに・・・。

【打ち合わせてから通すのです】
本編終了後のご挨拶の段取りをちゃっちゃと作ってしまいまして。コレは「来る途中に曲を聴きながら考えました」とかいう演出が稽古場で適当に曲の長さを調節して作ってしまったといういい加減な短時間凝縮な作りで御座います。
さて、本日は「客入れ曲」と呼ばれている開場から開演まで流れている音楽が稽古場初お目 見えということで、通しもそこから開始しました。芝居を見た事がある方は御存知でしょう。開演前にそのBGMほどだった曲ががーっと大きくなって客電が消 えて・・・という始まり。あれをやったわけです。
本日の通しタイムは約1時間18分。アレ、また1分のびてる。これは多分、途中で吉田が 台詞を吹っ飛ばしたり、間違えたり、角地が台詞ととちったりした事が原因かと!そういえば、角地は超真面目なシーンの超真面目な台詞で訛りました。が、舞 台上に一緒にいた吉田・松山瞳はあまりにシリアスだった為か、全く気が付かず、舞台外にいた七海のみが「な・・・なまった!シリアスなのに!」と笑いを堪 えていたそうです。多分、角地本人も気が付かなかったのではないでしょうかねえ・・・。

【この時期に段取りが増える?】
超伏兵!一カ所、通しを見ていたらちょっとだけ気になる音楽の入り、という箇所が発覚。 通し後に確認をすると・・・「む、変だ」。急遽音楽の入りが変更。当初、音楽の方をなんとかしようとしたものの、不可能と気が付き段取りの方を変更。それ により段取りが増える吉田。しかも、この音楽規制の段取りはちょっと難しい。要はメロディーのない音楽で一定の箇所までに会話を終わらせる、というもの。 これは会話しながら音楽を聴いてあわせていくのが通常なんですが・・・メロディーがない曲だと「今どこの部分なのか」というのが読めなくてかなり大変。し かも動きもない。そう、動きがあればその動きを一定に保ってそれによって時間を計るなんて芸当も出来るんですが(泣)。ずれの許容範囲はわずかに1秒足ら ず。ああ、本番はどうなる?できるのか!?

【明日は照明の佐藤さんがいらっしゃいます!】
明日も9時から22時まで。長いですね。会社の就業時間より長いです。本日は22時まで 練習して、帰宅して23時過ぎで、持ち帰りのお仕事して、ちょっと寝たらすぐに家を出ないと間に合いません!・・・だからね、本番の前々日準備から当日ま では泊まる事にしたんです。ホールの近辺に!多少出費がかさんでも体力にはかえられません。
さあて。佐藤さんがいらっしゃるということは、通しを少なくても1回。ひょっとしたら2回。ついでに場面練とかあるでしょう。あしたもばてばてになることうけあいなので、本日はこの辺で。
| 白い砂 | comments(0)
2月11日(火)
 
【風邪はまだまだはやっております】
稽古場で角地・七海・吉田が基礎練をやっておりますと。なんと、あれ!?松山さん登場。と「瞳、インフルエンザになっちゃって」。まじでぇっ!?っていうか、今日は通しなんですけど!?もう残り練習回数少ないんですけど!?目眩が・・・目眩が・・・目眩が・・・。
すったもんだの末、松山瞳嬢を強引に呼び出して下さった松山さん、有り難う御座いま す・・・・。もっと前に体調を崩したなら心配してもらえるのに、この時期だと怒られるだけです(笑)。ちょっとだけ時期がずれた七海と角地は滅茶苦茶心配 されたのに、気の毒な事ですね・・・瞳嬢。でもまだあと2週間ありますからね。インフルエンザA型とかB型、ついでに普通の風邪とか、まだまだ流行するだ ろうなぁ・・・ああ、心配!

【通しタイムがのびた・・・!?】
本日、2度目のとおし練習〜っ!なんと、前回より時間が延びまして、1時間17分でした。
まずまずですかね。終わってからビデオをみたりしたんですけど、七海氏から「皎がすごい 激昂しててね・・・あ、皚も激昂しすぎで(笑)」との事でみんなで見てたらおお、激昂してる(笑)。かつてない位激昂してる・・・珍しいですよ、吉田に 「押さえろ」ダメだしって。七海氏の方へは別件表現5割増しが指示され。
ほほう。これで15日、16日は通しざんまいとなるのかも知れません。しかし、この芝 居、一回通しをすると立つのもイヤになる位疲れるんですけど。前回の様に殺陣がないのにとっても疲れるんです。ワタクシ、ビデオ見ながら居眠りしかけた位 ですから。それを本番日は最低2回・・・ゲネを当日やったら3回ですね。ひぃ〜。

【あと決めなきゃ行けない事】
っていうか、練習をすると明日は月曜日って感じで。次の練習日まで5日猶予がある気がしちゃうんですよね。でも実際は火曜日ですから3日しか期間が・・・しかもラスト練習・・・マジでっ!?私、未だに信じられません。本当に来週本番ですか?本当に!?
じゃあ、客入れ・客だしの音楽の選曲をして、ご挨拶の段取りしなきゃなぁ・・・。
| 白い砂 | comments(0)
2月9日(日)
 
【広くて綺麗な稽古場なのに・・・】
うーん。本日の稽古場はちょっと贅沢な位広くて、壁のうち一面は全面鏡。防音もしっかり されていて、半地下の為、ダンスをやろうが何をしようが余所の部屋に迷惑がかからないとっても素敵なところです。使用するのは2回目。勿論、素敵なだけ あって、お値段もそりゃあ素敵なんですけど・・・。が、何故かこの稽古場の時は参加者が少ない。本日なんて3名だ。役者なんか2名しかいない。ちょっと寂 しい。
インフルエンザから復活・七海と、健康な癖にほけーっとしている吉田、音響・常世田さんの3名で本日は9時間練習したのでした。

【え、この時期に!?】
さあて、のんびりはじめた稽古は何かと申しますと。「すみません、台詞忘れてるんで、や ばそうな箇所確認させて下さい」との吉田自己申告で、『吉田が台詞飛びまくるシーンの練習・・・でも七海と二人で出来るところ限定』をやりました。ツボ中 のツボで、何故かどうしても出てこないシーンをまずはスタート。ここは、その一部分を抜いてやれば出来るけれどもきちんとシーンを通すと何故か飛ぶという 謎の箇所。そのシーンはかなり長く、15分くらいは軽くある。で、問題の台詞はなんとそのシーンのラストであったりする・・・。結局、またしても「・・・ かっ・・・くっ・・・」と訳の解らない声を出しただけで台詞は見事に飛んだ訳なのですが(笑)。やばいっすね。おまけに、必死になって思い出そうとしてい る間に音楽が終わってしまうと言うオチつき。その時吉田ははっきりと宣言していました。「この音楽、台詞を忘れて時間がかかっても大丈夫な様に長くしま す!」・・・いいのか、そんな後ろ向きな事で!

【超難関・しかも5行】
芝居中、最も不出来のシーン。それがラスト直前のわずか5行のシーンだったりします。長 台詞5行かというとそうでもない。短い台詞がいつつ。たったそれだけ。がっ!それだけがむずかしいんじゃぁっ!・・・お察しの通り、不出来な奴はワタク シ、吉田です。台詞が出てこない訳じゃないですよ。段取りが覚えられない訳じゃないですよ。単に「出来てない」だけで(それが一番問題)。おまけに小細工 でどうにかしようとしていたら、七海にバレて「それはイヤ」とあっさり却下。ひょぉ〜っ。
このシーンがどうなるかは・・・あと3回の練習できまりまする・・・。
| 白い砂 | comments(0)
2月8日(土)
 
【冬です、風邪には注意を。インフルエンザには厳重注意を!】
夜光堂メンバー、倒れ伏す!・・・と言うわけで、先週の練習後に1名はインフルエンザに 感染。2名は風邪の為に高熱に倒れる!役者4名のうち3名がぁぁぁぁっ!因みに風邪を引きかけたモノのタダ一人踏みとどまったのはワタクシ、吉田ですが (自慢!)、こういう奴はみんなが完治した時にいきなりぱったりいくに違いないと思っております・・・。
しかし・・・すげぇ、と思った事があるのですよ。なにせ、風邪の二人もかるーく8度以上 は熱出してるんですよ?当然、今日明日の練習は吉田の自主練になるだろうと諦めていたんですね。しかし。開始時間こそ遅らせたモノの、昨晩まで倒れていた インフルエンザ感染者N海は練習に参加出来るまでに復活し、9度後半の熱を出したK地は多少ふらつく、位までに復活。そう、練習に参加してきたんですよ、 この二人。欠席したのは最年少松山瞳、ただひとり。この辺、瞳嬢には申し訳ないと思いつつも、「ほぉ〜、流石は役者をやっているだけの事はあるなぁ」と 思ってしまいました。だって、ほとんど気合いですよ、アレ。こういう辺りに年若い新人さんと、ずっと夜光堂で役者をやってる年長者の差が出ちゃうのかなぁ と。今週一週間、公演までの練習やら何やらを考えて生きた心地のしなかった吉田、2名の参加は物凄く嬉しいコトでありました。

【こまかーく行ってみましょ】
角地一人の舞台動き回りシーン。今まで特に大きな駄目出しの出ていなかったのに今日は集 中練習になりました。というのも、出来るシーンが限られているので、「今までは気にしつつも流してたけど、やっぱりやっちゃいましょ」ってコトになったわ けでして。短い動作を何度も繰り返したり、体に叩き込んだ段取りを変更させられたり。病み上がりの役者になんてキツイ事を(笑)。大丈夫、本当に駄目な時 はみんな自己申告しますから・・・多分。
で、ふらふらになってしまった角地が休憩。入れ替わりで七海と吉田での回想シーン練習。 ここに来てやばい事が発覚。「吉田、台詞を覚えきってないのに忘れはじめてる」!吉田が本番前に覚えていた台詞を忘れる、という現象は毎回あるんです。癖 なんだか知りませんが、確実に「昨日まで言えていた台詞が出てこない」状態になります。コレ過ぎれば完璧に体に叩き込まれるんですが。何せ覚えきる前に忘 れはじめちゃったんでもう、慌てる慌てる。七海にぐーで殴られました。
しかし、七海。声が出ないのによくもまあ、練習出来たモノだ。彼女の気力には感心します。

【自主練もしたのに】
本来9時開始だった練習を12時開始に変更した為に空白の3時間が生まれる事となった本日。「勿体ないし」とかいう理由で朝から自主練をしていた吉田。
(*さかなスタジオ高橋様と常世田さんも9時過ぎにいらっしゃって舞台関係の打ち合わせなんかもしちゃいました!)
何を一人で練習するのかと言えば、回想シーンの「吹っ飛ぶ」練習。いや!難しいんです よ、これ!吉田、以前にも吹っ飛ぶのやってるから十八番だろうと思われがちですけど、毎回違うから!今回はちょっと間違えたら舞台から落ちるし!・・・と 言うわけで、一人でもくもくと吹っ飛ぶ練習を続けて。ちょっと手をひねりかけてみたり。なんかあっちこっち痛くなってみたりして。・・・なのに、本練習で 七海と一緒にシーンをまるまるやってみて「まだまだ改良が必要」な事が判明。
これからも飛ぶ練習をする為に最低限、肘と膝のサポーターを買う事を決意したのでした。(肘・膝・手首・腰・肩を打つ飛び方なんです。。。)

【練習日記なのか!?】
軽めに練習をした為か。本練習4時間半、自主練3時間なんていう変な配分の為か。これじゃあ吉田個人の「れんしゅうのかんそう」じゃないかっ!コレを読んでいる人が何を求めているのかは到底分からないけれども・・・少なくとも、練習状況が分からない事は確かだ!
と言うわけで追記!
*シーン練習にて:夜光堂の大好きな音段取りシーン。万が一のずれた時対策を致しました。コレで本番も安心!
*七海が口にするモノ:果物と飲み物でしか栄養を補給出来ない状態の彼女、オナカが空いても「食べられない・・・」と呟く。そんな状態で回想シーン練習ではパワフルに駆け回り、別シーンでは吉田がごまかしにごまかしていた芝居を指摘してました。
*足下がふらつく角地:一人のシーン集中練習にて、やればやるほど動きが鈍くなる彼女。足下が危うい・・・。風邪が完治していない為に動きが定まらない様子。「次回にまわして下さい」という事になってしまいました。
*吉田、イタイ:自主練やら本練習やらで飛びすぎて、まともに歩けない位イタイらしい。サポーター代わりに手に巻き付けたタオルを見て、常世田さんが言っていた。「ボクシング??」と。
| 白い砂 | comments(0)
2月8日(土)
 
【冬です、風邪には注意を。インフルエンザには厳重注意を!】
夜光堂メンバー、倒れ伏す!・・・と言うわけで、先週の練習後に1名はインフルエンザに 感染。2名は風邪の為に高熱に倒れる!役者4名のうち3名がぁぁぁぁっ!因みに風邪を引きかけたモノのタダ一人踏みとどまったのはワタクシ、吉田ですが (自慢!)、こういう奴はみんなが完治した時にいきなりぱったりいくに違いないと思っております・・・。
しかし・・・すげぇ、と思った事があるのですよ。なにせ、風邪の二人もかるーく8度以上 は熱出してるんですよ?当然、今日明日の練習は吉田の自主練になるだろうと諦めていたんですね。しかし。開始時間こそ遅らせたモノの、昨晩まで倒れていた インフルエンザ感染者N海は練習に参加出来るまでに復活し、9度後半の熱を出したK地は多少ふらつく、位までに復活。そう、練習に参加してきたんですよ、 この二人。欠席したのは最年少松山瞳、ただひとり。この辺、瞳嬢には申し訳ないと思いつつも、「ほぉ〜、流石は役者をやっているだけの事はあるなぁ」と 思ってしまいました。だって、ほとんど気合いですよ、アレ。こういう辺りに年若い新人さんと、ずっと夜光堂で役者をやってる年長者の差が出ちゃうのかなぁ と。今週一週間、公演までの練習やら何やらを考えて生きた心地のしなかった吉田、2名の参加は物凄く嬉しいコトでありました。

【こまかーく行ってみましょ】
角地一人の舞台動き回りシーン。今まで特に大きな駄目出しの出ていなかったのに今日は集 中練習になりました。というのも、出来るシーンが限られているので、「今までは気にしつつも流してたけど、やっぱりやっちゃいましょ」ってコトになったわ けでして。短い動作を何度も繰り返したり、体に叩き込んだ段取りを変更させられたり。病み上がりの役者になんてキツイ事を(笑)。大丈夫、本当に駄目な時 はみんな自己申告しますから・・・多分。
で、ふらふらになってしまった角地が休憩。入れ替わりで七海と吉田での回想シーン練習。 ここに来てやばい事が発覚。「吉田、台詞を覚えきってないのに忘れはじめてる」!吉田が本番前に覚えていた台詞を忘れる、という現象は毎回あるんです。癖 なんだか知りませんが、確実に「昨日まで言えていた台詞が出てこない」状態になります。コレ過ぎれば完璧に体に叩き込まれるんですが。何せ覚えきる前に忘 れはじめちゃったんでもう、慌てる慌てる。七海にぐーで殴られました。
しかし、七海。声が出ないのによくもまあ、練習出来たモノだ。彼女の気力には感心します。

【自主練もしたのに】
本来9時開始だった練習を12時開始に変更した為に空白の3時間が生まれる事となった本日。「勿体ないし」とかいう理由で朝から自主練をしていた吉田。
(*さかなスタジオ高橋様と常世田さんも9時過ぎにいらっしゃって舞台関係の打ち合わせなんかもしちゃいました!)
何を一人で練習するのかと言えば、回想シーンの「吹っ飛ぶ」練習。いや!難しいんです よ、これ!吉田、以前にも吹っ飛ぶのやってるから十八番だろうと思われがちですけど、毎回違うから!今回はちょっと間違えたら舞台から落ちるし!・・・と 言うわけで、一人でもくもくと吹っ飛ぶ練習を続けて。ちょっと手をひねりかけてみたり。なんかあっちこっち痛くなってみたりして。・・・なのに、本練習で 七海と一緒にシーンをまるまるやってみて「まだまだ改良が必要」な事が判明。
これからも飛ぶ練習をする為に最低限、肘と膝のサポーターを買う事を決意したのでした。(肘・膝・手首・腰・肩を打つ飛び方なんです。。。)

【練習日記なのか!?】
軽めに練習をした為か。本練習4時間半、自主練3時間なんていう変な配分の為か。これじゃあ吉田個人の「れんしゅうのかんそう」じゃないかっ!コレを読んでいる人が何を求めているのかは到底分からないけれども・・・少なくとも、練習状況が分からない事は確かだ!
と言うわけで追記!
*シーン練習にて:夜光堂の大好きな音段取りシーン。万が一のずれた時対策を致しました。コレで本番も安心!
*七海が口にするモノ:果物と飲み物でしか栄養を補給出来ない状態の彼女、オナカが空いても「食べられない・・・」と呟く。そんな状態で回想シーン練習ではパワフルに駆け回り、別シーンでは吉田がごまかしにごまかしていた芝居を指摘してました。
*足下がふらつく角地:一人のシーン集中練習にて、やればやるほど動きが鈍くなる彼女。足下が危うい・・・。風邪が完治していない為に動きが定まらない様子。「次回にまわして下さい」という事になってしまいました。
*吉田、イタイ:自主練やら本練習やらで飛びすぎて、まともに歩けない位イタイらしい。サポーター代わりに手に巻き付けたタオルを見て、常世田さんが言っていた。「ボクシング??」と。
| 白い砂 | comments(0)
2月2日(日)
 
【お買い物♪】
珍しく午後から練習開始の日だったためにさかなスタジオ:高橋様と七海、吉田は午前中お買い物でした。舞台で使用するものたちの買出し!
今回の舞台はこまごまと面倒な物が多い。今回初の試みである舞台のちょっとした仕掛けや ら、小道具類やらいろんな物をちょこちょこ相談しながら購入していきます。夜光堂はかつて「BLUE NIGHT'S HEAVEN」の衣装(ローブ)で大量に布を購入し、「翠微譚」の舞台美術でまたまた布を購入し。そんなことをやっていましたが、今回も買ってます、布! えーと・・・この4種類は全部4Mずつ、これは2M・・・何に使うんだ!そんなに大量の布をどうするつもりなんだ!演出:吉田、かなり布が好きです (笑)。

【風邪と気管支炎と】
お買い物後、お昼を食べている辺りからなんとなく怪しいセキをしていた吉田。「やばい ね〜」という高橋さんの言葉に「大丈夫、大丈夫」とかえしていると、吉田よりもむしろ七海がやばい状態に!即効で薬を飲んでいたけれども、練習終わり時に は「本当に、本当に、マジでやばい」状態に。吉田の方はなんとか押さえ込んだらしく「喉が激しく痛いです」程度ですんではいるものの・・・はっ、昨日角地 が風邪をひいているとか言っていたような?いやな咳をしていたような(笑)。
ただでさえ、風邪をひきやすい季節です。インフルエンザなんかもはやってます。役者だっ て人間なんで、どんなに気をつけていたって、どんなに体調管理に気を配っていても体調崩すときはあるんです。おまけに最近は練習時間も長い、準備するもの ややる事が鬼のように多い、睡眠時間が激減している、なんていう悪条件が重なっていますし。各々インフルエンザやら風邪の対策はしていても、頑張ってても 駄目な時はあります。・・・本番、全員が無事に舞台上にあがる事を切に願う本日でした。

【新しい・効果】
前記にあるように、今回は初試みとして舞台にちょっとした仕掛けを施します。「新しいこ とがやりたいぜ!」「派手にいくぜ!」とかそういうことではなく(笑)。何とか世界を効果的に・・・とみんなで試行錯誤していたらそうなった、と。夜光堂 の公演を継続してみていてくださっている方はかなり「おっ!?」って思うと思います。初めての方も「ちっちゃい劇場なのに、面白いことを」とかね。それに 伴って、吉田は背筋を鍛えることになっています(笑)。何故背筋かは・・・芝居を見てのお楽しみです♪
| 白い砂 | comments(0)
2月1日(土)
 
【うが〜っ、二月ですよ皆様】
二月になりましたね。そろそろ練習回数も残り少なくなりましてあせりながらカウントダウンしているような最近の練習でございます。(え?焦っているのは吉田だけ?)
さてさて。本日は舞台がひとつやっとつくれるくらいの大きさのせま目の練習場所ながら、 今回初の通し練習を致したのでございます。前々から「ここまでには絶対通しを」と言っていたデッドラインぎりぎりでございます。9時からの練習だったため に、基礎練を行った後に「通し前に確認しておきたい場所がある人〜?」と希望を募り、休憩を挟んだら・・・通し準備だ!衣装を着て、小道具(一部仮物を含 む)を用意して、ビデオを用意して。ビデオは何故かといいますと。かなり台本を変えているので「とりあえず現在の状態の台本」を作るためでございます。こ のビデオを見ながら台詞をおこすのであります・・・今日の夜にね♪
そして、通し前に『通しが何分かかるでしょうクイズ〜!』。全員で予想をします。正解者あるいは一番近かった人にはとってもイイことがある予定なのでみんなわくわくしながら予想をします。で、みんなの予想時間は短い順に・・・
 吉田美千子/59分
 高橋さん/1時間
 七海明美/1時間8分
 松山瞳/1時間14分
 角地未保子/1時間15分 
 常世田さん/1時間17分
そして、結果は1時間12分57秒。おっ、前回のRishouよりもちょっぴり短めだ ぞ!なんと一番近かったのは松山瞳。彼女にはご褒美として「前日準備時に客席に使用する座布団をたたいてほす役目」を七海から、「前々日準備の舞台を作る ときにセンターを決める役割(滅茶苦茶重要で責任重大)」を吉田から贈られることになりました(笑)。・・・が、謹んで辞退されました!

【ミスを報告しよう、チクろう】
初・通しということもあり終了後はかなりぐったりした状態の役者たち。「・・・どうでした〜?」の問いにあちらこちらから最中の面白話が飛び出しました。
今回、ほぼ出ずっぱりになる予定で、「きついだろうなあ」と予測されていた七海と吉田の2名は対照的な結果となりました。
  吉田の方は2役やるために休憩できるシーンが本当に少ない事が発覚。早替えに次ぐ早替え・・・ぜーぜー言ってました。
  七海は意外と休めるシーンがあることが発覚。「そんなにきつくなかった」と本人談。
そしてやはり初通しなのでミスが続出。台詞とちりがダントツで多かったのが吉田。「それ 間違えたらごまかしようがないし、話が変わるだろう」というような間違いをしたり、数箇所台詞がふっとんでごまかしていたりと、恐ろしい勢いでうろ覚え状 態。音楽規制のあるシーンで動き段取りを間違えたのが松山瞳。とは言いましてもフォローできる範囲の物だったのでフォローしつつ音をジャストに合わせて共 演者はニヤリ。吉田の台詞をひとつ食ってしまった以外は完璧と思われていたようで説明台詞で意味不明なことをしゃべってしまったのが七海明美。あまりにナ チュラルだった為に、本人はビデオを見るまで気が付かなかったとか。角地は目立ったミスはなかったものの、あちらこちらで台詞があぶなかったとかなんと か。
しかし、本当にこの芝居は汗だくになりますね。照明の入っていない状態で通しをやっているのに、冒頭シーンだけで既に額に汗が。本番はいまよりもあたたかく、そして照明でさらに温度上昇。ああ・・・素敵だ。みんな公演が終わる頃にはダイエットに成功しているに違いない!
| 白い砂 | comments(0)
1月26日(日)
 
【舞台監督さんいらっしゃーい!】
というわけで、本日は舞台監督をしていただきます松山氏がいらっしゃいました!ええ、最年少堂員松山瞳嬢の父上であります。親子で参加の練習だ!
そして、役者がフルメンバーそろって(4人)、音響の常世田さんがいて、高橋さんがいて、松山さんがいて!そうすると7人もいるぞ!大所帯だ!・・・ええ、夜光堂、今回の公演の練習初期の頃は2人で練習とかざらにありましたもので・・・。
よっしゃーっ!とばかりに保留にしていたシーンを練習開始!「仮曲」で練習をしていた シーンも候補曲をいくつかかけて選曲開始!今回の芝居ではちょっとしたこだわりがありまして。「ネタシーン以外では歌詞の入った曲は使わない」。意外なよ うですが、あのヒーリングサウンドが耳に残る「翠微譚」でも歌詞の入った曲を使っていたんです。なので、夜光堂では初、ですね。ですが、それ故に今まで曲 がみつからなかったというのもあるんです。その今まで「仮」だったところの音楽がついに決まりまして。久々に稽古場で自分用音響ブース(床に色々並べただ け)を作って色々おこなうGENさん。これで、ほぼ音響は決定です!

【そういえば、その音響】
昨日やる予定だった「音あわせ」シーン。角地・松山瞳・吉田と3人揃ってチャレン ジ!・・・うぬう、難しい。変な話、一人であわせるのはもっと楽なんですよ。でも会話ですからね。誰か一人が間を変えたらそれだけで変わってきますし。お まけに使っている音楽は同じようなメロディーが繰り返す「歌詞のない」曲。つまりは途中で「早すぎるのか、遅いのか」を判断するのが非常に難しい!この シーンは最終的に合わせるのはワタクシ・吉田なんですが、途中で一番しゃべるのは角地。つまりは角地にかかっていると!なんていうプレッシャーがかかった ら、角地ってば台詞スピードが上がってあわなくなりました。ごめん、もう言わないよ(笑)。

【舞台美術とかしかけとか】
今回はある意味、今までのなかで一番大掛かりで派手です。うーん、「翠微譚」の緑鮮やか な舞台とも「Rishou」の派手な舞台ともまた違う。たった30秒のシーンに物凄い時間をかけて打ち合わせをしました。コレは凄い。かなり凄い。舞台美 術も演出:Yの「こんなんやりたい」の一言がかなりの波紋を呼ぶことになろうとは・・・。しかも、「色は?質感は?」等々の舞台監督松山さんをはじめとす る面々の問いに「・・・えーと、うーん」と上手く説明できない。その為に「演出が言ってるよく分からない舞台美術のイメージを理解してみよう」なんていう のにこれまた物凄い時間をかけたのであります。なのに、当の本人はぽーっとしているぅ・・・動けっ!
と言うわけで(笑)。いつもと同じ門仲天井ホールで舞台の大きさも同じですが、舞台にちょっとした変化やらがある、かもしれません。

【そうかあ、1ヶ月きったんですね】
ヒールのある靴を履いて動き回るために頻繁に脱いで足を休める七海。あまりに動きすぎてコートの裏地が破けてしまった角地。初めて衣装を着てみてあまりの暑さに「暑い」を連発する松山瞳。とある体型矯正器具をつけているために息がすえない吉田。
そんな「もう、ぐったり」な4人でお届けする「白い砂」もあと1ヶ月弱で上演で す。・・・って、タイトルと随分と違うイメージの近況ですな。大丈夫です、お話はぐったりしてませんから。今回のお話はもかなり激しいネタもありますが、 シリアスです。かなり切なくなること請け合いです。
そういえば、パンフの中身の作成をしていたり、当日のちょっとしたお土産の準備をしてみたり。みんな「もう少しかぁ」なんていう今日この頃ですが・・・チケットまだまだあまってます(笑)。是非劇場の方へ足をお運び下さい。夜光堂のお芝居、見て損はさせません〜。
| 白い砂 | comments(0)
1月25日(土)
 
【今週は2回とも全員揃う・・・んだよね?】
角地が珍しく土日参加の今週!凄いぞ、今週は2回とも全員いるぞ!・・・アレ、一人いな い(笑)。むむむ・・・最年少松山瞳。いったいどうしたと言うのだろう?しかし、そんな無断欠席にもそろそろなれた夜光堂の面々であったりする。だがもう 切羽詰ってきているのも事実だ!今後そういう事があったら、ダレにナニをされてもワタクシ知りませんよ〜。実際もう、限界超えてますからね〜、お忘れな く〜。

【ま、段取り確認したりしましょ】
練習予定を変更しまして。あっちこっちの段取り確認やら出来るところのシーン確認やらを すすめはじめた本日。そういえばなんとなくもうみんな台本を持っていない。いつのまに離すようになったのだろう。でも、本日「新しいシーン」を練習したの でそこは台本を持つのであります。「新しいシーン」?ええ、差し替えとも言いますね。完全にそこのシーンが変わりました。この時期に〜ぃ!?ナニをおっ しゃりますやら。この時期だから、でございます。角地・七海・吉田と3名揃ったシーンですので、松山瞳がいないのをチャンス!とばかりにばりばりやってみ ました。うん、面白いシーンだ(自画自賛)。
実は本日音にきっちりあわせたりしたいシーンがあったのですが、どうにもそれは本役でな いとまずい為に延期。何故なら「台詞のタイミングを合わせる」とかいう物ではなく、会話のラストを音にあわせるという物だったために、テンポやらスピード やら色々関係してくるのですよ。ほんの少しの間でも変わってきてしまうので、これはもうしょうがない、明日やりましょ!

【ダミー柊】
ほぼ衣装がそろった本日。全員で着てみてバランスを・・・あ、無理だ(くどいぞ、私)。 ということで、柊の分は床に人の形に並べられてしまいました(笑)。それだけでなく、いつの間にか上着の袖部分にお菓子が置かれていたり、気が付くと変な 格好にされていたり、とみんな「ダミー柊」で練習時間中遊んでました。

【おしまいおしまい】
え?日記が手抜きですと?しょうがないっすね。だって明日も練習だから。だって疲れたから。よし!それでいいではないか。
簡単にまとめれば今日は役者3人と常世田さん、高橋さんが参加で、シーン練習をばりばりやりましたって事。そうそう、そうなんですよ〜。
| 白い砂 | comments(0)
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ