稽古場より徒然なるままに

12月9日(土)

どうも、吉田です!

練習日記の担当お願いするの忘れたので自分で書きます…。

次回は違う方ですよ!

 

本日は夜光堂初参加の二人がお休みだったので、七海・吉田・うっちーさん・佐倉井さん、と前回公演(22回公演「ツキノニジ」)にも参加している4人でした。

あ、内山も本日はお休みなので、役者4人だけです。

夜光堂基礎練に慣れている面子なので、ビリープログラムも平然とサクサクと(笑)。

…慣れている方たちなので、ワタクシ、まったく解説をしませんでした!

初参加の方がいるときは、動きの解説やらポイントのアドバイスやらできる範囲でして、ついでになるべくテンション上げもするんですが。

間違えた動きをするとケガしますからね。

でも今日はみんな出来るから!やりません!!

運動をするには緩めの靴で来てしまったので、キックをしたときに「靴が七海の方へうまいこと飛んでいかないかなぁ、ふふふ」に夢中になっていました!(靴は飛びませんでした…)

夜光堂は子供の心を忘れない集団です!

 

あ、そういえば。

久しぶりに…本当に年単位で久しぶりにやった足上げ腹筋が滅茶苦茶キツかったです!

キツかったんですが、以前は本当にキープできなかったのが、「きっつー!!!」ってなりながらも既定の長さキープできていたので、もしかしたらビリー隊長のおかげかもしれません。

もうだめかもー!って思ってからの粘りが我ながら素晴らしかったと自画自賛していたのですが、それ故に周りを見る余裕がまったくなく、皆さんどうだったのかを全く知りません。

どうだった、みんな?足下ろしちゃった人いたのかな?

 

それはともかく、本日のハイライトは「台本大改訂はじまったよ!」です。

前の台本も山場一歩前のところまで行っていたのですが、お話の構成がガラッと変わったものがオープニングから配布されました。

本日は9枚だよ!

いやもう内容っていうか「どういうお話」っていうのは変わってないんですが(多分)、変わりましたねー!

私は科白が増えました。

佐倉井さんはキャラが変わりました。

うっちーさん・七海は…変わらずかな。

で、夜光堂は割と一人の課題に全員で突撃する集団ですので、今回のキーパーソン・佐倉井さんのキャラの突っ込んだ話を全員であーだこーだと話したりしたんです。(勿論、演出とキャラを演じる役者のみの話で口を挟んじゃいけないところでは、外野はおくちにチャックしてます)

こう…台本に書いていない、「これはどういうことだろう」「これはどうなってこうなったんだろう」みたいのを話していたんですけれども、みんなが(本役の佐倉井さんの思考の邪魔にならない程度に)色々妄想たくましく話していくので、あれやこれやがかなり4人の中では膨らんできていて非常に面白かったです。

 

夜光堂の稽古場はキャラの話をするのが好きなんですね。

自分の事ではなくても、お話を構成する要因ですからまったく無駄になることはありませんし、それを聞いたことによって自分のヒントになったりもしますからね…。

役者としては把握しておいたほうがいいようなことがわさわさと出てきますので、この時期にはとっても大事な時間です。

直接かかわるキャラなんてやってる人にとっては更にラッキー時間!

…そう、更になんですけども。

おしいなー。

今日お休みの方たち、関わるキャラなんだなー!

あっはっはっは。

ということで、吉野さん、堀さん、頑張ってね♬

大丈夫、次は君たちのキャラの事をお話ししましょう。

キャラのお話でなくても、出来ないことやわからないこと悩み事なんかも他の人ができるかもしれない・ヒントをもってるかもしれないので、どーんとこいですよ!

夜光堂は一人の課題に全員で突撃してよってたかって解決する集団です(笑)。

 

あとですね。

今日はキャラエチュードなんかも何本かやったんですが、各々の役者の認識のずれとか、持っているキャラのピースの量とかそのほか諸々要素で割とぼろぼろでしたねぇ。

他人事のようですが、そのエチュードにもれなく関わっていて、もれなくぼろぼろだったのは私なのですね。

わあ、大変。

とは言うものの…解決する手段はわからなくても課題はわかりましたので、とりあえずそれを収穫ということにします!

「なんもできなかったー…!」っていう現実だけだと一週間ただへこむことになりますからね。

でもなんか、実体のないものをつかもうとしているような、ぼんやり見えるのに実感できないような、分からないように分かるような、すごくもどかしい状態です、私。多分怪事街の霧に惑わされてるんだな、んぎゃ。

 

うっちーさんはどんな状態かな。キャラエチュードやって、収穫あったかな。

佐倉井さんはキャラが変わって、みんなでよってたかっての話でどんな材料を集め始めたかな。

次の稽古場での変化が楽しみ。

もちろん、七海が描く台本の続きも楽しみ!

 

いまのところ、3作目の怪事街が一番面白いお話になりそうな感じですよ。わくわくです。

わくわくのお話でのびのびと生きられるよう、私も課題の解決手段を見つけねば!

…なるべく早めに!

| [仮題]怪事街 ミスサンフラワーの逃走 | comments(0)
12月2日(土)
ご無沙汰してます、内田です(__)

今回も夜光堂さんに参加いたします。
この場を借りて夜光堂様に御礼をば!!

ということで12/2の日記です。

【久々のビリー・姿勢の確認】
必ずと言っていいほど身体に来るのは、名物ビリーのDVD(懐かしいかな?)

そういや会社の先輩に毎年「富士山」に登る人がいます。
なんでも「身体の衰えが分かる」んだそうです。

私の場合はビリーですね。
練習開始時は、3〜4日ほど身体に染み入り渡りまして『うぉ〜(T_T)』という感じでした。

今はなんとか慣れております。
改めて身体って慣れていくんだなぁ〜と思います。

そして姿勢の確認。歩く姿勢の確認です。

これもなかなか難しいもんでうまくいく感じを掴みつつやっていくと、今度はうまく行かなくなるという「うなぎを掴む」感じになるんです。

基本って難しいというのがシミジミと思います。


【新台本発表〜練習方法の話へ】
現在は仮台本で練習中なのですが(改めて横書き台本って読みにくい、慣れって重要)、新台本の発表がありました!

今回はそれを使って練習を! という話で、同じく客演の吉野さんと夜光堂:吉田さんペアで自由にやるという流れになりました。

吉野さんも初参加・初演出ということでドギマギした感じ(に見えましたがいかがかな?)

これも慣れの話かなぁ〜と思いつつ、私も勿論やるんで自身で心に渇を入れましたね。

【配役のキャラで練習】
そして私も仮台本で練習開始。

いやはや、やはり芝居はコンスタントにやりたいものだと痛感しますね。

いろいろと試しつつやりつつ『バックボーンが重要!!』というのが身に染みます。(今回は染みてばかり)

でも『これこれ! この感覚だよ!!』と楽しんでる自分もいたりして面白いもんだなぁ〜とまたまたシミジミ思っております。


って感じで基礎練習な状況ですが面白いですよ〜と書いてみましたが、演劇関係者しか興味ない!? と書きながら思いましたんでちょいと追加を。

練習場所は亀有にあるホールの処なんですが、結構いろんな人が出入りします。

たまにはTVで出るような芸能人なんかも出てるんですよねぇ〜。

リラックスしているところを見てみたいなぁ〜とか言ってみたりして。

ということで練習はまだまだ続きます(__)
| [仮題]怪事街 ミスサンフラワーの逃走 | comments(0)
11月25日(土)
こんにちは!七海です。
どうぶつの森でのほほんと暮らして来ましたが、再びブートキャンプへと入隊する時期がやって来ました。
いや〜2年ぶりだけど、相変わらず変わらんなァ隊長は!←DVDだもの。あけみ。


【基礎練は大切だがめっちゃしんどい】

そんなわけで、基礎練をガッツリやります。
基本的な身体の動きやら体力やら発声の基礎やらが出来れば、如何様にもアレンジがききます。
「取り敢えず2メートルほど自力で浮いてくれ」という演出のリクエストにもきっと応える事が出来るに違いない!
逆に基礎が出来なきゃ、舞台上で出来ること、やりたい事も半減されるということ。
「この動きやって欲しいのになー…出来ないんじゃ別の動きにするしかないかー…」なんて思われたら楽しさ半減で勿体ない〜。
だから、やります。
今日はビリーの基礎編です。
正しい動きで筋肉を!45分止まらず動き続けることで体力を!カウントを口にし続ける事で、芝居終盤でもきっちり台詞を言う事の出来る身体を手に入れるンだァー!!!
「では…内山さんもご一緒に…」
「…分かりました…着替えましょう…」
内山さん着替え持って来とったーーー!!!
夜光堂は舞台の上に乗る人だけではなく、それを支える人もビリーで体力をつける劇団です…!(笑)
取り出した服が、体操着というよりも、部屋着っぽかったことは秘密にしておくと致しましょう。
堀さんの腹筋が火を噴きつつ、参加者全員基礎編完走、お見事!!!
ビリーで身体がぽかぽかになった後は、縦に長い室内を利用して「歩いたり走ったりキラキラしたりする基礎練」を行います。
ナチュラルに綺麗に歩く!
自分で普段意識することはないですが、歩き方や立ち方って結構クセが付いてるものです。
舞台上でそのクセが悪目立ちして、お客様が物語に集中出来ない…っていうのはとても勿体無いことなので、これも大事な基礎練です。
そして…人々に悲鳴をあげさせたのは、ひとりひとりが動きのお題を出して、その動きで室内を往復する…というもの。
「早足!」と言われたら早足で。
「スキップ!」と言われたらスキップで。
「ツーステップで!」と言われたら「ツーステップって何ですか?」という質問も飛び出すツーステップで。
二足歩行、直立で済むお題ならばまだいい。
「四つん這い」と「アヒル歩き」という床と仲良し系のお題にて、人々(主に七海)は悲鳴をあげたのでありました。
ただひとつ申し上げておくことは、今回の稽古場の形により私が居たほうは他の方より距離が短めで実は大変楽をしており…うひひひ…次回よりきっとあの場所は取り合いとなることでしょう…。ふふふ、負けませんよ。


【模型だ!】

早い早いでお馴染みの吉田ですが、今回も早かった。
何が早かったって、台本がラストに行き着く前に既に舞台図を完成させていました…!
更に、舞台図だけに留まらず「舞台模型」を作成し持参。
わ、わかりやすーい!!50分の1スケール!
おまけにこれまた舞台の縮尺に合わせたちっさい子とおっきい子の人型模型も備え付けられており、舞台に立ったらこんな感じなんよ、というイメージが捉えやすい形となっております。
みんな興味津々で覗き込んだり、写真を撮ったりしていました。
ただいまこちら、吉田が書いた平面舞台図と動物さんの絵を付けて驚きの34200円!!!!
んなわきゃない。


【いきなり立ってみよう】

本日の台本練習は、舞台模型があるのをいいことに「舞台こんな感じだから立って動いてやってみよー」です。
因みに吉野さんにおかれましては、まだ一回も声を出して読んでいないというコンディションですが、いや、もう、そこはまぁまぁ、うん、そうね、ざっくりでいいから、うん、的な感じでいきなり立って動いて貰うことにしました。(笑)
因みに前回盛り上がり手前で「続く!」となった台本ですが、今回は更に盛り上がる手前で「続く!」となっています。
演出曰く「あとは一番のヤマとエンディングだけなんだよなぁ」だそうで、吉田に「あとそんだけだったら書いてこいよ!」と怒られて「うへぇ」となっていました。尤もです。
仮台本なもんで書式が横書き。
それに慣れない夜光堂の面々はかなりの割合で読んでいる場所を見失います。
「ん?で?ところで今どこですかな?」
仮台本が全部あがったら、情報を整理して正台本…そしたら見慣れた縦書きフォーマットだ!
それまでしばしの我慢だ!!!
さて、今日は流すだけでしたが、これからどんどん動きの段取りも台詞の言い回し指示もこまかーくこまかーくなっていきまする。
中にはウッチーさんのように「このキャラに必要な特殊技能を学んで欲しいんだ!」というリクエストを既に受けた人も!
因みに今回の怪事担当であるあやあや(電車遅延で稽古場まで四時間…お疲れさま過ぎる)は、人外なリクエストが多いのだが、取り敢えず一発目のリクエストが「いけるとこまで髪を伸ばして欲しい」という意外に普通のリクエストでありました…。(笑)
役者のみなさんにおかれましては、キャラクターとたくさんお話ししてお友達になって心を開いて貰って、いちばんの理解者になってあげてくださいね。
うちの可愛い子たち、気持ちを蔑ろにしたらマジの演出ぱんち飛びますカラー!!
私は、彼らがいちばん素敵に見える演出を、がんばります。
あ、いっけね、まず台本全部あげるのが先だった!
さ、しごとしごと…。
『そのとき、二夜ノ先生渾身のロケットパンチが飛び出した…!飛び出した拳は敵の顔面にヒットし、そのままどっかに飛んで行ったので慌てて留意が追いかける。「先生の両手、待てぇ〜!」』
ん?先生、両手が外れて飛ぶ仕様なのか…。
先生、よろしくね!!(&#3665;>&#9697;<&#3665;)
| [仮題]怪事街 ミスサンフラワーの逃走 | comments(0)
11月19日(日)

今期練習2日目、お久しぶりです吉田です!

練習日記、今期も参加者みんなで回していきますよ!


さて本日は体調不良とかスケジュールの都合等にて、参加者が4名。

4名全員が前回公演参加者ということで、割とまったりと基礎練を行いましたー。

走ったり歩いたりキラキラしたりもしまして…今日もまあ、ビリー隊長のブートキャンプをやっていたわけです。

ですが、本日は腹筋プログラムだったので動きが激しいというよりは地味でキツイ。

おまけに何故かだれもDVDがよく見える位置にいなくて、

「まだツイストで大丈夫?」

「黄色い物体が動いているのはわかる(ビリーのタンクトップが黄色)」

なんて会話をまったりしながらの30分。

会話はまったりですが、腹筋は本当に地味できつい!

派手な動きじゃないからただ腹筋がきついという。

そこそこ年齢の上がっている本日参加の4名は明日の筋肉痛が決定です。

明日は腹筋に力を入れないよう、なるべく笑わないで過ごそうと思います。

 

あ、ブランクのある役者さんが多い、ということもあり、発声やら滑舌やらもガツガツやりました。

ブランクがあるというのは夜光堂の二人なのですが、どのくらいブランクかといえば、先週普通に台本読みしたら噛みまくるくらいです!

主に吉田が!

ダメだ。腹筋だけでなく滑舌も衰えている。

ジムに行って筋トレしても滑舌は鍛えられないから!

そんなわけで夜光堂では「いつもの練習」である滑舌練習です。

舞台でかみかみにならないための地味練習ですが、夜光堂はなぜかこれが結構好きです。

速攻効果が出るから!なので初参加の方たちも一緒にやりましょうー♪

因みに吉田は各々勝手に声出しの時間に遊んでいたので、ほとんど喉慣らししないで全体練習に入りました。

当然のごとく、喉疲れました!

喉慣らしの時間に遊ぶのはやめよう。発声下手なんだから!

 

さて。

で。

台本の続きはどうなったのか!?

来ました!前回と同じくらいのページ数がやってきました!

が、なんでしょうこのラストに書いてある一文は!

『さあ、どうなる先生!続く。』

…連載ですか!

週刊誌の連載なのですか!

物語的には「話が転がりだしましたよぉぉぉぉ!!!」ってところで『続く』なので、続き早く!って気分です。


そんな続きどうなるの!?の中、わくわくしながら書いた舞台美術案を『どうかな、これ!?』って持っていってみました。

事前準備と仕込みがどえらく大変そうですが、おおむね好評だったので満足です。

ただ、ここから台本の進行にあわせて、お話で使うものやら必要な仕掛けやらを足したり引いたりいたします!

そうして、お客様にお目にかけるものができるのです!

はー、わくわくする。


あと本日は人数が少なめということもありまして、ちょっと役のことを話し合ったりいたしました。

とはいっても、全員前回公演参加者なので慣れた座組み的な感じで、やはりまったりと…。

まったりしながらも色々話せましたので、キャラを捕まえる取っ掛かりになれた…らいいな!


で、次回は全員集まれそうな感じなので、本役の声で台詞が聞けそうです。

やった!

台本もラストまで配布されるのかな!?それとも『え!?ここで続くなの!?』ってところまでなのか…非常に楽しみです!


よし、体調崩さないようR-1ヨーグルト飲んでがんばる!(R-1ヨーグルト大好き!)

ではまた!

| [仮題]怪事街 ミスサンフラワーの逃走 | comments(1)
11月11日(土)

始まりました! 何が? 夜光堂第23回公演の練習が!
お久しぶりです、夜光堂の内山です。
今回は稽古場音響として参加する予定です。
なので、初日の本日は皆さま…特にご一緒させて頂くのが初めてになる、客演のお二人、堀さん(劇団サラリーマンチュウニ)と吉野さん(INNERSPACE…に、ご挨拶しとこう、くらいの感覚で稽古場へ参りました。

なのに気付いたら、皆と一緒に“ビリーズブートキャンプ”に参加してたよね。ジャージ持ってきてないのにね!
どうなってんの? と問われたら、稽古場マジックだとお答えしましょう…まぁ、体力はつけておくに超したことないですしね。体を動かして悪いことなんて、ナイナイ!

休日出勤で遅れて到着になるというウッチー内田氏を除いた全員が時間通りに集合。
稽古場のはしごになるという吉野さんと観劇の予定を控えている堀さんがそれぞれ早退予定ということで、各人が着替えを済ませた後、ほぼノータイムで稽古をスタート…しようとしたら、「え、あの、(初顔合わせなのに)自己紹介とか…しないのですか?!」と堀さんからツッコミが入る。
…済んだ気でいた…!
集合したときの「おはよーございまーす」「よろしくお願いしまーす」「あそこにいるのが七海でーす」みたいなやりとりで、顔合わせと呼ばれるやりとりは…済んだものだと…!
なんつーか、かしこまって話し合う場よりは、実践で、稽古中の台詞のやりとりや演出、場外から飛ばす野次(主に私だな)などから私たちを知ってほしい、皆さんのことも知りたい…的な、“拳で語り合おうぜ!”みたいなところが、我々にはあるのですよ…。

なので、稽古前に改まった自己紹介とか…あんま、やったことない。

と、言ったわけで、そこは夜光堂流を通させてもらって…挨拶もそこそこな感じで、第23回公演の稽古が始まりました!

まず最初は「台本執筆にあたっての参考にしたい」という演出からのリクエストで、夜光堂公演参加は初めてのお二人を中心に、立ち姿や動きの癖を見せていただく(ほらね!)という目的のもとに、流れる音楽に合わせて歩いたり走ったり止まったり…動いていただきました。単純な動きにも、いや、単純な動きだからこそ? 個々の特色って…出るもんですねぇ。
堀さんのあくまでも落ち着いた佇まいには即座に「部長(会社の役職てきな)」というあだ名がつきましたし、吉野さんの動きにはなんだかコミカルな台詞をあてたくなります。※個人の見解です。
なお、前回公演時にガッツリ拳で語りあった感のあるあーや(佐倉井さん)に、君はキャラクターの設定によって歩き方も立ち方もきっとガラッと変わるんだろうね…みたいなことを何の気なしに言ったら、「私自身の個性が欲しいぃぃぃいぃ〜!」と煩悶していたので、相変わらずストイックだな、って思いました(笑)。

ここら辺で吉野さんがタイムアップ。
小休止がてらお見送りして、残った者は、夜光堂ではウォームアップとしてすっかりお馴染み、ビリーズブートキャンプに挑み、各々が各々なりの死兆星を見ました。私の腹筋は火を吹く…のを通り越し、もはや消し炭と化しました。
その消し炭をどうにかかき集め、そのあとの発声練習にも参加させて貰いましたが…いやぁ…声って…使わないと出なくなるんスね。役者陣に比べ、私の声のか細いこと調子っぱずれなこと…内心、驚愕でした。(まぁ、元からそんな伸びやかな声ではなかったですけど)


そして! ついに! いよいよ! 今回の公演台本の冒頭部分が! 我らの手にキターーーーーー! キャッキャッ言いながら各々が目を通しているところに休日出勤を終えた、ウッチー内田氏が稽古場に到着。初っ端からありがたいくらいに出席率いいですね、今回。(入れ代わり立ち代わり…全員参加してる!)

今回のお話は、知ってる人は知っている、知らない人は覚えてね…の『怪事街シリーズ』と呼ばれているシリーズ作品の三作目。

怪事街に棲む古書コレクター・二夜ノ(ふたよの)先生と、その助手の留意(りゅうい)が繰り広げる、本にまつわる冒険譚なのです。一話完結ストーリーなので、どのお話から見ていただいてもだいじょうぶ! 仮題通り、今回の怪事は“ミスサンフラワーが逃走する”わけですが、今現在我々の手元にある台本も“ミスサンフラワーが逃走した”ところまで…でした。続きが気になるゥ!

早速というか満を持してというか…告げられた配役で台本読み。私は口音響(効果音)とト書き、吉野さんの代役を仰せつかりました。全貌がわからないので、それぞれ探り探りではありますが…それぞれの個性が生きてる! ような感じがする! 見てて、それぞれの設定とかセリフとかがスッと入ってくる。これは…お話が進むのが、たのしみ、たのしみ。前2作には出演させて頂いていたので…久しぶりに先生や留意に会えたのも嬉しかったです。

一回読んだところで堀さんのタイムアップがきたので、残りの時間は質疑応答や演出による「簡単な世界観説明」、吉田さんによる「舞台図案考察」などとなりました。

 

…と、いった感じで初回の稽古は終了。

 

稽古後に、吉田さんが業務連絡用のlineグループを作ってくれたんですけれども、そのグループ名が「かいじがい」。

「“かいじがい”から招待が来ました」という通知に、思わず笑みながら承認ボタンを押しました。

さぁ、これから半年、がんばるぞぉぉぉぉ!!!

| [仮題]怪事街 ミスサンフラワーの逃走 | comments(2)
無事、公演終了致しました!


気がつけば2日目はあっという間に時が過ぎ…。
無事に『ツキニジ』終了です!!!
ご来場いただきました皆さま、本当にありがとうございました!

| ツキノニジ・現場より | comments(0)
1日目終了です!


たくさんのお客様にご来場いただきましてありがとうございます!
1日目、無事に終了です。
明日は2日目、そして、楽日!
最後までダバダバ走ります。

| ツキノニジ・現場より | comments(0)
一回目終わりました!


ツキニジ一回目、無事終わりました!
次は19時より!
只今休憩中でございますー。

| ツキノニジ・現場より | comments(0)
本日初日!!


ご来場お待ちしております!!

| ツキノニジ・現場より | comments(0)
こちら、差し入れ!


このかわええケーキは片寄さんからの差し入れです!
く、くまー!!!

| ツキノニジ・現場より | comments(0)
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ